WordPress個別サポート

「急にWordPressの動きがおかしくなった」「突然、ログインできなくなった」

WordPressトラブルでよくあるパターンです。

そのようなときは、インストールしたプラグインが問題の原因になっていることが少なくありません。

とはいえ、インストール済みプラグインの一覧を見てもわかりません。

「このプラグインが問題の原因です!」とは書いていないからです。

プラグインの一覧を見ても問題の原因はわからない

プラグインの一覧を見ても問題の原因はわからない

スポンサーリンク

ヒントは「最近インストールしたプラグイン」

問題を解決するカギは、「最近インストールしたプラグインに原因があるのでは?」という視点です。

「急にWordPressの動きがおかしくなった」や「突然、ログインできなくなった」も最近発生した問題だとすれば、最近行った作業が原因になっていることが少なくありません。

その定番が「最近、新たなプラグインをインストールした」です。

解決策は、最近インストールしたプラグインから怪しそうなものを停止または削除することです。

といっても、「インストール済みのプラグイン」画面にはプラグインのインストール日時が表示されないので、FTPツールを使うことになります。

たとえば、さくらインターネットのファイルマネージャで、WordPressインストール先のwp-content/pluginsフォルダを開きます。

プラグインが保存されたフォルダを開く

プラグインが保存されたフォルダを開く

プラグインは、1プラグイン1フォルダで保存されています。一覧表示されたプラグインフォルダを見ながら「更新日時」をクリックするとフォルダが更新日時の新しい順に並べ替わり、最近インストール(更新)したプラグインを判断できます。

古い順になった場合はもう一度クリックしてください。また、並べ替えなくても、更新日時を見て最近インストールしたプラグインを見つけることはできます。
最近インストールしたプラグインがわかる

最近インストールしたプラグインがわかる

更新日時の新しい「怪しそうな」プラグインを1つずつ削除していくことで、問題が解決するかもしれません。

怪しそうなプラグインは経験からカンで判断するしかありませんが、WordPress個別サポートのサポート事例ではセキュリティ系やキャッシュ系、またはパフォーマンス向上のためにインストールしたプラグインが原因になっていたことが多いです。ピンとこなければ単純に更新日時が新しいプラグインから消してみましょう。

実際、WordPress個別サポートでも、何度かこの方法で問題を解決していますが作業は自己責任でお願いします。

できれば作業前にコンテンツをバックアップしましょう。

プラグインのインストール日時はさくらインターネット以外でも確認できますが、レンタルサーバーのFTPツールではなくFTPソフトウェアで確認した方が無難です。

プラグインフォルダを削除すれば100%大丈夫というわけではないので、お試しでのフォルダ削除はおすすめできませんが、トラブル解決の糸口がまったくつかめないときや、ダッシュボードにログインできなくなったときの荒療治として紹介しました。

この記事をSNSで共有する
スポンサーリンク
WordPressでお困りのときはご相談を
細かい質問からCSSやPHPのカスタマイズ、トラブル対応まで、この記事を書いた西沢直木が直接、WordPress個別サポートで対応します。
WordPress個別サポートの特徴
  • 最短で本日中に問題解決できます
  • 見積もり無料・料金は終了後の後払いです
  • 銀座教室・スカイプ・出張またはメールで対応します
トラブル解決でお急ぎのときは
お急ぎのときはWordPressメールサポートで対応します。ご活用ください。
こんなときはご相談ください(相談・見積もり無料)
  • ログインできなくなった
  • 画面が真っ白(500エラー)になった
  • 間違ってサイトを消してしまった
  • 引っ越し・SSL対応がうまくいかない
  • CSS・PHPのカスタマイズがうまくいかない
WordPress個別サポートの連絡先

WordPress個別サポートへの問い合わせWordPress個別サポートの申し込み

関連記事

スポンサーリンク