WordPress個別サポート

WordPressで書いたブログ記事の下に著者情報を表示する方法を紹介します。ここでは、Simple Author Boxプラグインを使います。

まずは、「プラグイン」‐「新規追加」メニューからSimple Author Boxプラグインをインストール、有効化します。

「Simple Author Box」プラグインをインストール

「Simple Author Box」プラグインをインストール

「設定」‐「Simple Author Box」メニューから各種設定をすることができますが、初期設定のままでも動作可能です。

「設定」‐「Simple Author Box」メニュー

「設定」‐「Simple Author Box」メニュー

プラグインを有効化すれば、ブログ記事の下に、その記事を書いた著者の情報が次のように表示されるようになります。

ブログ記事の下に著者情報が表示される

ブログ記事の下に著者情報が表示される

表示される各項目は「ユーザー」メニューでユーザー(著者)ごとに設定しておく必要があります。

ユーザーのプロフィールを変更

ユーザーのプロフィールを変更

  • 著者画像 --- Avatar Managerプラグインを使えば自由にアイコンを設定できます。
  • ブログ上の表示名 --- 著者名に使いたい名前を「ニックネーム」に入力して「ブログ上の表示名」で選択します。
  • プロフィール情報 --- 適当に入力します。上記の例は90文字くらいです。
著者画像(アイコン)を変更する方法は以下のページも参考にしてください。
WordPressで投稿者の情報(アバター画像など)を表示する方法

「ユーザー」メニューでSNS情報を入力すれば、SNSアイコンが表示されます。

SNSアイコンも表示可能

SNSアイコンも表示可能

「Social icons type」で「Colored」を選択すればカラフルなアイコンを表示することができます。

SNSアイコンのデザインを変更

SNSアイコンのデザインを変更

WordPressでお困りのときはご相談を
細かい質問からCSSやPHPのカスタマイズ、トラブル対応まで、この記事を書いた西沢直木が直接、WordPress個別サポートで対応します。
WordPress個別サポートの特徴
  • 最短で本日中に問題解決できます
  • 見積もり無料・料金は終了後の後払いです
  • 銀座教室・スカイプ・出張またはメールで対応します
カスタマイズがうまくいかないときは
お急ぎのときはWordPressメールサポートで対応します。ご活用ください。
こんなときはご相談ください(相談・見積もり無料)
  • サイトのデザインをカスタマイズしたい
  • CSS・PHPのカスタマイズがうまくいかない
  • 引っ越し(サーバー移転)したい
  • サイトをSSL対応(https://)したい
WordPress講座の問い合わせ先
WordPress講座申し込み
メールで問い合わせ

関連記事

スポンサーリンク