WordPress個別サポート

「WordPressのサイトを間違って消してしまった!」

よくありそうなトラブルです。

また、間違ってなくても「あのサイト、消さなきゃ良かった!」と後悔することもあります。

そんな方も、まだ諦めるのは早い!あなたのサイトは復旧できるかもしれません。

というのは、レンタルサーバーのメニューやFTPツールでWordPressサイトを削除しても、データが残っている可能性があるからです。

WordPressで作成するホームページはファイル一式とデータベースで構成されます。ファイル一式にはシステム、プラグイン、テーマ、画像などが含まれますが、投稿や固定ページなどはデータベースに格納されています。

ここでは、たぶん消えていないWordPressサイトのデータを見つけて、間違って消してしまったサイトを復旧する方法を簡単に紹介します。

意外と手順は難しく思えるかもしれませんが、「もしかしたら復旧できるかも」のイメージを持つことが重要です。実際の復旧作業はWordPress個別サポートなどの助けを借りれば良いだけですので。

スポンサーリンク

消したサイトは残っているかも?

レンタルサーバーなどにインストールしたWordPressを削除するときは「アンインストール」メニューやFTPツールを使うのが定番です。

たとえば、さくらインターネットでインストールしたWordPressは「クイックインストール」‐「インストール済み一覧」‐「アンインストール」メニュー(1)から削除できます。

WordPressのアンインストール(さくらインターネット)

WordPressのアンインストール(さくらインターネット)

ここで、上記のただし書き(2)に注目してください。

「アンインストールを実行しても、データベース上のコンテンツデータは残ります。」

どういう意味か、わかりますか?

「投稿や固定ページなど、ダッシュボードから入力した内容は消えない」という意味です。

つまり、あなたのサイトは消えていません!

正確には、「あなたが作った記事やページは消えていません!」です。

半信半疑かもしれませんが、この記事で紹介する方法を参考に復旧してみてください。

データベースも含めて完全にスッキリ消してしまった方は、この記事の方法では復旧できません。また、テーマ(子テーマも)や画像などのファイル一式は消えているはずです。

消してしまったサイトの復旧

空のWordPressをインストール

まずは、クイックインストールメニューなどからWordPressをインストールしましょう。復旧したいURL(例:http://example.com/)にインストールしてください。

インストールした初期状態のWordPressに、消してしまったサイトを読み込む作戦です。

インストールが完了したら、FTPツールなどを使って設定ファイル(wp-config.php)を開きます。

その中から「データベース名」と「WordPress データベーステーブルの接頭辞」という項目を見つけます。

たとえば、次のように記述されています。

/** WordPress のためのデータベース名 */
define('DB_NAME', 'abcdefg_abcdefg');
...略...
...略...
/**
 * WordPress データベーステーブルの接頭辞
 */
$table_prefix  = 'wpabcdefg';
  • define('DB_NAME', 'abcdefg_abcdefg'); --- WordPressの投稿などをabcdefg_abcdefgというデータベースに格納するという意味です。
  • $table_prefix = 'wpabcdefg'; --- データベースにある個々のテーブル(箱のようなもの)には「wpabcdefg」という文字を付けるという意味です。「wp_」や「wp1_」になっている場合があります。投稿は「wp1_posts」のようなテーブルに格納されます。

「データベースって何?」「テーブルって何?」の理解はともかく、上記の2つを見つけることが重要です。

この2つを「消してしまったサイト」のデータベース名、テーブル接頭辞に修正することで、消えたサイトの投稿や固定ページを読み込むことができます。

もう気づいているかもしれませんが、ここで言う「消してしまったサイトの復旧」とは、投稿や固定ページなどの復元です。この作業では子テーマは復元できません。

消したサイトのデータベース名・テーブル接頭辞を見つける

wp-config.phpを修正するため、消してしまったWordPressサイトのデータベース名とテーブル接頭辞を調べます。

それには、「phpMyAdmin」のようなデータベースツールが役立ちます。多くのレンタルサーバーでは管理画面から使用できるようになっています。

  • さくらインターネット:サーバコントロールパネルの「データベースの設定」‐「管理ツール ログイン」メニューをクリック
  • ロリポップ:ユーザー専用ページの「Webツール」‐「データベース」メニューから「操作する」をクリックして「phpMyAdminを開く」をクリック
  • エックスサーバー:サーバパネルの「phpMyAdmin」をクリック

上記のメニューを開いてphpMyAdminにログインすると、データベース名(1)と、その中にあるテーブル一式(2)を確認できます。

データベース名とテーブルの一覧

データベース名(1)とテーブルの一覧(2)

サイトを1つだけ作成している場合はおそらく、消してしまったサイトのデータベース名とテーブル接頭辞はこれで確定です。

前述のwp-config.phpに書かれていたデータベース名とテーブル接頭辞を修正すれば、ひとまず消してしまったサイトが表示されるようになるはずです。この例ではテーブル接頭辞は「wp16_」です。

復旧したサイトの画面が真っ白になる場合、ダッシュボード(例:http://example.com/wp-admin)にアクセスしてみてください。ダッシュボードも表示されない場合は、消してしまったサイトと同じアドレスに正しく再インストールしたかどうか確認してください。

複数のサイト、複数のデータベースを作成した場合は、このデータベースが該当するのかわかりません。その場合、テーブルの一覧からオプションテーブル(例:wp_options)をクリックして中身を確認しましょう。先頭行あたりにサイトのURLやサイト名が入っているのを確認できるので、消してしまったサイトかどうか判断できます。

オプションテーブルを開いてサイト名を確認

オプションテーブルを開いてサイト名を確認

このデータベースが該当するなら、wp-config.phpのデータベース名とテーブル接頭辞を修正しましょう。

1つのデータベースに複数サイトをインストールした場合、そのデータベースにはテーブル接頭辞の異なるオプションテーブルがいくつも存在します(例:wp1_options、wp2_options、wpabcdoptions…)。面倒な作業になりますが、1つずつ確認していきましょう。

簡単そうに書きましたがphpMyAdminに慣れていないと作業は不安です。また、1データベースに複数サイトをインストールした場合も目的のサイトを探し当てるのは大変です。その場合、WordPress個別サポートをご利用ください。

レンタルサーバーによる自動バックアップがある?!

レンタルサーバーによっては、お客様がサーバー上に設置したデータを自動でバックアップしている場合があります。たとえば、エックスサーバーでは、Webサイトのデータは1週間分、データベースは2週間分のバックアップが自動で作成されています。「間違ってWordPressを消してしまった!」のようなときに必要に応じてバックアップデータを申し込むことができます。有料ですが。

自動バックアップデータの申し込み(エックスサーバー)

自動バックアップデータの申し込み(エックスサーバー)

この記事をSNSで共有する
WordPressでお困りのときはご相談を
この記事を書いた西沢直木が直接、WordPress個別サポートで対応します。
こんなときはご相談を
  • WordPressの使い方(ページやメニューの作り方を教えてほしい)
  • カスタマイズ(機能の追加やデザイン調整をお願いしたい)
  • トラブル対応(画面真っ白・「ログインできない」を解決したい)
マンツーマンなので相談内容は自由です。いただいた課題をその場で解決、CSSやPHPも目の前で修正します。気軽にご相談ください。
WordPress講座の問い合わせ先

関連記事

BizVektorのカスタマイズ

WordPressカスタマイズ

WordPressによるサイト作成のヒント

WordPressプラグイン

スポンサーリンク
西沢直木によるWordPress講座の紹介
ホームページ作成講座WordPress個別サポート