WordPress個別サポート

WordPressの予約プラグイン「MTS Simple Booking C」で作成する予約フォームには、お客様が「大人」なのか「子供」なのか表示されます。

以下は「大人」と「小人」の人数を別々に指定可能にした場合です。

予約する「大人」「小人」のラベル

予約する「大人」「小人」のラベル

以下は「大人」だけの場合です。こちらがデフォルトの設定です。予約対象が大人だけの場合、この「大人」というラベルを消したいこともあります。

予約対象が「大人」だけの場合

予約対象が「大人」だけの場合

スポンサーリンク

「大人」を削除する

この「大人」を消すにはCSSの「display:none;」だけでは足りません。予約確認メールにも「大人1名」のように入ってくるからです。

予約確認メールにも「大人」が入ってくる

予約確認メールにも「大人」が入ってくる

予約確認メールを含めて「大人」を消すには、MTS Simple Booking Cで設定されているフックを活用します。

この予約対象を示す「大人」のラベルにはbooking_form_count_labelというフィルターフックが設定されています。

このフィルターフックと関連づける関数の中で「大人」の代わりに空の文字「''」を返せば、予約対象のラベルの「大人」を消すことができます。

具体的には子テーマのfunctions.phpなどに次のコードを入力します。

function my_booking_form_count_label() {
    return '';
}
add_filter('booking_form_count_label', 'my_booking_form_count_label');

※見づらくなっています。コピーペーストする場合はご注意ください。

これにより、予約対象のラベル「大人」が消えます。

「大人」が消える

「大人」が消える

予約確認メールからも「大人」が消えます。

予約確認メールから「大人」が消える

予約確認メールから「大人」が消える

「大人」・「小人」を「おとな」・「こども」に変更する

フィルターフックを利用して「大人」や「小人」を好きな文字に変更することもできます。次の例では、「大人」・「小人」を「おとな」・「こども」に変更しています。

function my_booking_form_count_label($label) {

    switch ($label) {
        case "大人":
            $temp = "おとな";
            break;
        case "小人":
            $temp = "こども";
            break;
    }
    return $temp;
}
add_filter('booking_form_count_label', 'my_booking_form_count_label');

ラベルが「大人」だったら「おとな」、「小人」だったら「こども」に変更するというコードです。ご自由にカスタマイズしてください。

表示結果は次のようになります。

予約対象のラベルを変更

予約対象のラベルを変更

予約確認メールにも反映されます。

予約確認メールの人数ラベル

予約確認メールの人数ラベル

この記事をSNSで共有する
スポンサーリンク
WordPressでお困りのときはご相談を
細かい質問からCSSやPHPのカスタマイズ、トラブル対応まで、この記事を書いた西沢直木が直接、WordPress個別サポートで対応します。
WordPress個別サポートの特徴
  • 最短で本日中に問題解決できます
  • 見積もり無料・料金は終了後の後払いです
  • 銀座教室・スカイプ・出張またはメールで対応します
カスタマイズがうまくいかないときは
お急ぎのときはWordPressメールサポートで対応します。ご活用ください。
こんなときはご相談ください(相談・見積もり無料)
  • サイトのデザインをカスタマイズしたい
  • CSS・PHPのカスタマイズがうまくいかない
  • 引っ越し(サーバー移転)したい
  • サイトをSSL対応(https://)したい
WordPress個別サポートの連絡先

WordPress個別サポートへの問い合わせWordPress個別サポートの申し込み

関連記事

スポンサーリンク