WordPressのメールフォーム作成プラグインTrust Formでは「お問い合わせ内容」メニューから、受信した問い合わせ内容をダッシュボードで確認できます。

Trust Formのお問い合わせ内容の一覧表示

Trust Formのお問い合わせ内容の一覧表示

一覧表示される項目数は、デフォルトでは先頭の3項目+投稿日時の4項目です。

この項目数はtr_entry_manage_posts_columns_maxフィルターフックによって変更することができます。

次の例では「4」に設定しているので、先頭の4項目+投稿日時の5項目が表示されます。

/* Trust Form「お問い合わせ内容」の表示列数の設定 */
function my_tr_entry_manage_posts_columns_max() {
    return 4;
}
add_filter( 'tr_entry_manage_posts_columns_max', 'my_tr_entry_manage_posts_columns_max');

表示結果は次のようになります。

4項目+日時が表示されるようになる

4項目+日時が表示されるようになる

スポンサーリンク

特定のフォームのみ項目数を設定する

フォームのIDを受け取って、特定のフォームのみ項目数を設定することもできます。フォームのIDは「Trust Form」‐「フォームの編集」メニューでフォーム定義を一覧表示すると確認できます。

フォームのIDを確認する

フォームのIDを確認する

次の例では、IDが「182」の「予約」のみ4列表示に設定しています。

/* 特定フォームの表示列数の設定 */
function my_tr_entry_manage_posts_columns_max($max, $id) {
    if ($id == 182) { /* このフォームのみ4列表示 */
        return 4;
    } else { /* その他は規定値のまま */
        return $max;
    }
}
add_filter( 'tr_entry_manage_posts_columns_max', 'my_tr_entry_manage_posts_columns_max', 10, 2);
この記事をSNSで共有する
WordPressでお困りのときはご相談を
この記事を書いた西沢直木が直接、WordPress個別サポートで対応します。
WordPressの使い方・カスタマイズ・トラブル対応など、ご相談ください。
お問い合わせはこちらから
【対応料金の見積もりは無料です】
wordpress講座受講予約
WordPress講座の問い合わせ先

関連記事

スポンサーリンク