WordPress 5.0をインストールして「なんじゃこりゃ!」と思ったら…

WordPress 5.0(この記事の執筆時点ではベータ1)をインストールしてブログでも書こうと「投稿」‐「新規追加」メニューを開いた瞬間、「なんじゃこりゃ!」と思うかもしれません。そこには見慣れたエディタとは異なる風景が広がっているからです。

WordPress 5.0の投稿編集画面
WordPress 5.0の投稿編集画面

これはWordPress 5.0から新たなエディタ「Gutenberg」が導入されるためです。新エディタ「Gutenberg」はエディタというよりページビルダーのイメージで、ページ内に見出し、画像、文章など個々のパーツをブロックで差し込んでドラッグアンドドロップで順番を入れ替えたりできるようになっています。

WordPress 5.0の新エディタ「Gutenberg」
WordPress 5.0の新エディタ「Gutenberg」

初めてWordPressを使う方は別として、WordPress 4までのビジュアルエディタやテキストエディタでの作業に慣れてしまった方は、新エディタに慣れるまでは確実に作業効率が落ちるでしょう。

そんな方は、Classic Editorプラグインをインストールして昔のエディタに戻した方が安心かもしれません。

昔のエディタに戻すClassic Editorプラグイン
昔のエディタに戻すClassic Editorプラグイン

プラグインをインストール、有効化して「設定」‐「投稿設定」メニューで「Replace the Block editor with the Classic editor.」(旧エディタを使う)を選択します。

旧エディタを使う設定
旧エディタを使う設定

これで「投稿」‐「新規追加」メニューを開くと慣れ親しんだビジュアルエディタ・テキストエディタが開きます。ひとまず安心ですね。

旧エディタが使えるようになる
旧エディタが使えるようになる

WordPress 5.0をインストールして「なんじゃこりゃ!」と思ったらClassic Editorプラグインのことを思い出してください。

WordPressの使い方