Chrome 68に警告表示で待ったなしのSSL化、不安な方はご相談ください

WordPress個別サポート

WordPressのSSL化、完了してますか?サイトのURLを「http://」から「https://」に変更する作業ですが、なかなか面倒ですよね。SEO対策にも役立つと聞いて、いつかチャレンジしてみようと思っていても、なんとなく不安ですよね。自分で設定するのは。

SSL対応、終わってますか?
SSL対応、終わってますか?

サイトのSSL対応が後回しになっている方、いよいよ待ったなし!です。

ご存じかもしれませんが、あと数日(2018年7月下旬)でリリースされる予定のGoogle Chrome 68では、SSL化されていないサイトに警告が表示されます。具体的には「https://」じゃないページにはブラウザのアドレスバーに「保護されていません」と表示されるようになります。

SSL化されていないサイトには警告が表示される
SSL化されていないサイトには警告が表示される

動作に問題があるわけではないので「別に?」「問題なし」と思うかもしれませんし、「Google Chromeは使っていないので関係ない」と思うかもしれませんが、SSL対応は、あなたの問題ではなく、あなたのホームページを見てくれたお客様の問題です。

せっかく見てくれたページで「このサイト、危険なのかな?」と勝手に悪い印象を持たれてしまう可能性も、ないわけではありません。

SEO対策を頑張ってアクセスを増やしても、これでは意味がありません。

余計な不安要素、消せるなら消しておいた方が良いですよね。

スポンサーリンク

SSL対応、すべての作業を代行します

このサイトでもSSL化のヒントをいくつか紹介していますが、意外と面倒かもしれません。ざっくりとした手順は次のとおりです。

サイトのSSL化の手順
  • サーバー証明書の取得
  • URL(メニュー/内部コンテンツ)を「http://」から「https://」に
  • 混在コンテンツ(「http://」の素材)の除去
  • レンタルサーバーの個別対応(さくらインターネットなど)
  • 必要に応じてリダイレクト設定

自力で可能な方は取り組んでいただければ大丈夫ですが、自分で設定するのが不安な方、WordPressサイトのSSL化は待ったなしです。よろしければ作業を代行いたしますのでメールサポートをご利用ください。

※サイトのコンテンツや設定によっては早急なSSL化が難しい場合があります。ご了承ください。

WordPressのSSL化