WordPress個別サポート

Excelで作成された投稿をWordPressにインポートする方法を紹介します。WP All Importプラグインを使えば簡単にインポートできます。

以下、手順を紹介しますが、お試しする場合、まずは数件のデータで試してみることをおすすめします。いきなり膨大なデータをインポートして「失敗した!」にならないようにご注意ください。

スポンサーリンク

Excelの投稿をWordPressにインポート

たとえば、次のように投稿がExcelファイルで作成されているとします。A列がタイトル、B列が本文という構成です。

Excel形式で作成された記事

Excel形式で作成された投稿

このデータをインポートするため、「プラグイン」‐「新規追加」メニューからWP All Importプラグインをインストール、有効化します。

WP All Importプラグインのインストール

WP All Importプラグインのインストール

インポートするExcelファイルをアップロードするため、「All Import」‐「New Import」メニューを開いて「ファイルをアップロード」をクリックします。

「ファイルをアップロード」をクリック

「ファイルをアップロード」をクリック

Excelファイルを選択すると、アップロードが始まります。

Excelファイルを選択

Excelファイルを選択

アップロードの完了後、「新しいアイテム」「投稿」が選択されていることを確認してステップ2に進みます。

ステップ2に進む

ステップ2に進む

ステップ2では不要なデータを除外できますが、ここでは全てインポートするので何もせずステップ3に進みます。

ステップ3に進む

ステップ3に進む

Excelファイルの投稿からタイトル列・本文列を指定する画面が開きます。

タイトル・本文を指定する画面

タイトル・本文を指定する画面

タイトルから指定してみます。それには、画面右側のExcelファイルからタイトルが入力されている「undefined」を画面左側のタイトルにドラッグアンドドロップします。

タイトル列をドラッグアンドドロップ

タイトル列をドラッグアンドドロップ

タイトルに「{undefined0[1]}」と入力されます。これで、Excelファイルに入力されたタイトルがWordPressの投稿タイトルにインポートされる設定が完了です。

Excelの入力内容がタイトルにインポートされる設定

Excelの入力内容がタイトルにインポートされる設定

同じように本文が入力された列(ここでは「undefined1」)を本文にドラッグアンドドロップします。

本文の列をドラッグアンドドロップ

本文の列をドラッグアンドドロップ

画面を下にスクロールして、必要に応じて投稿のカテゴリーを設定します。それには、「タクソノミー、カテゴリー、タグ」をクリックして画面を開き、インポートする投稿のカテゴリーを設定します。

インポートする投稿のカテゴリーを設定

インポートする投稿のカテゴリーを設定

画面を下にスクロールしてステップ4に進み、データを識別する番号が入った列を指定します。よくわからなければ「自動検知」をクリックします。

データを識別する列を設定

データを識別する列を設定

画面を下にスクロールして「続行」をクリックし、開いた画面で「インポートの確認&実行」をクリックします。

インポートの実行

インポートの実行

問題なければインポートが完了します。

インポート完了

インポート完了

投稿一覧を確認すると、Excelファイルに入力した記事が1件ずつの投稿として作成されています。

インポートされた投稿

インポートされた投稿

これでExcelファイルからWordPressへの投稿のインポートは完了です。あとはいつも通りに編集画面を開いて投稿を編集できます。

この記事をSNSで共有する
WordPressでお困りのときはご相談を
細かい質問からCSSやPHPのカスタマイズ、トラブル対応まで、この記事を書いた西沢直木が直接、WordPress個別サポートで対応します。
WordPress個別サポートの特徴
  • 最短で本日中に問題解決できます
  • 見積もり無料・料金は終了後の後払いです
  • 銀座教室・スカイプ・出張またはメールで対応します
カスタマイズ・トラブル対応でお急ぎのときは
「カスタマイズがうまくいかない」「突然トラブルが発生した!」などでお急ぎのときはWordPressメールサポートで対応します。ご活用ください。
WordPress講座の問い合わせ先
WordPress講座申し込み
メールで問い合わせ

関連記事

スポンサーリンク