WordPress講座(個別相談)

サイト制作とSEOを頑張ってアクセス数を月間10万PVまで増やせたら広告収入はどれくらい稼げるのでしょうか?気になる方も多いと思います。

また、自社サービスを展開するビジネスサイトを運営している場合、10万PVで売上はどれくらい期待できるのでしょうか。完全な皮算用ですが収入の目安を紹介してみたいと思います。

スポンサーリンク

月間10万PVを収入に置き換えると…

広告収入についてサイトの収益性はRPMという指標で示すことができます。これは1,000PVでいくらの収入になるかを示す数値です。

一般的にRPMは100~300くらいだと言われており、たとえば、RPMが100の場合、1,000PVで100円です。1万PVで1,000円、10万PVで1万円になります。

つまり、月間10万PVのサイトの収入は一般的に毎月1万円から3万円というイメージになります。

どうでしょうか、多く感じますか?少ないですか?

Googleアドセンスの管理画面では自分のサイトのRPMなどをチェックできるので、まだ見たことがない方は確認してみましょう。

もちろん、PVやRPMが変化することで、次のように収入も変わってきます。

  • 10万PVでRPMが150の場合の収入は毎月15,000円
  • 10万PVでRPMが300の場合の収入は毎月3万円
  • 10万PVでRPMが800の場合の収入は毎月8万円
  • 30万PVでRPMが150の場合の収入は毎月45,000円
  • 30万PVでRPMが300の場合の収入は毎月9万円
  • 30万PVでRPMが800の場合の収入は毎月24万円

30万PVでRPMが800まで跳ね上がると収入は毎月24万円になります。広告収入だけで生活できそうなレベルです。

それに、そこまで稼ぐのに必要なアクセス数が月間1億PVのような気が遠くなる数字でもないので、希望がわいてきませんか?

ただし、これから始めるなら現実的なところは10万PVでRPMが150の毎月15,000円でしょうか。まずは、このあたりが目標になるかもしれません。

RPMによって収入も増減しますが、こればかりは広告の単価などに左右されるので仕方ありません。クリック率を上げる工夫も必要ですが、まずはアクセス数を増やすことが重要ですよね。PVが伸びなければ月5,000円にも届かなくなるので。

RPMなどについて詳しくは以下のページも参考にしてください。

ページRPMを800円まで上げるために僕がサイト改善に取り組んだ事

こちらで自分のサイトがどれくらいの収入になるか試算してはいかがでしょうか。

1日のアクセス数(PV):PV
1000回表示ごとの収入(RPM):
収入:0円/月

「9割が5,000円未満」は昔の話らしい

広告収入で月5,000円を超えるかどうかというのは、かなり象徴的な数字です。ひと昔前は、「アフィリエイトなんか9割以上が月収5,000円以下だよ」という「ブログを書いても収入はゼロ」的な説明が定番だったからです。

それで挫折してサイト制作を止めた方もいると思いますが、最近は景気が良いのか、かなり状況が変わってきたようです。

特定非営利活動法人アフィリエイトマーケティング協会による調査「アフィリエイト・プログラムに関する意識調査2016」によると、アフィリエイトでの1ヶ月の収入は1,000円未満が40%、5,000円未満が50%です。

悲観的に見れば、やっぱり広告収入で稼ぐのは難しいとも言えますが、冷静に見れば半数が5,000円超だとも言えます。「9割以上が5,000円以下」という時代とはかなり変わったような気がします。

また、上記の調査によると全体の10%が月収100万円以上!意外と多くないですか?夢が持てますね。

とはいえ、まずは、10万PVを目指してサイト制作していきましょう。うまく軌道に乗れば30万PV超、ブログで生活できるレベルの収入が、、、

信じるか信じないかは、あなた次第です!

10万PVに必要な記事数は?

月間10万PVとは1日3,000~4,000PVくらいです。平日にアクセスが多い場合や休日に多い場合があるのでサイトによって異なります。

これを達成するのに何本の記事が必要なのか、これもさまざまですが、控えめに1ページ10PVだとしたら、300本~400本です。

ゼロから始めるには気が遠くなる本数ですね。

実際はすべての記事が平均的に読まれるわけではなく1日500PVくらい集めてくれる記事が出てきたりします。

仮に、500PVを稼ぐ記事が2本出てきて、その他の記事を1ページ20PVとすると、100本で月間10万PV達成です。

そんなわけで、100本書けば良いとは限りませんが、ひとまず目安として100本を目指して頑張ってみましょう。10万PVへの道が開けるかもしれません。

信じるか信じないかは、あなた次第です!

ビジネスサイトの場合、収入はどうなる?

ここまでの話は広告収入の皮算用でした。他人のサービスや商品を宣伝するアフィリエイトサイトなどには参考になりますが、自社のサービスの申し込みなどを受け付けているビジネスサイトの場合はどうでしょうか。

ここでは広告収入ではなく、ビジネスサイトの月間10万PVがどれくらいの売上に換算できるかの皮算用をしてみたいと思います。

ざっくりとした考え方ですが、広告収入やアフィリエイト収入は実際の売上の1%~10%です。ですから、あくまで希望的観測ですが実際の売上は広告収入の10倍から100倍になると考えられます。

つまり、月間10万PVで2万円の広告収入になるとすれば、それが自社サービスの売上だったなら20万円から200万円になることが期待できます。

月200万円というとウソっぽいので控えめに見て月間10万PVあれば自社の商品やサービスで20万円くらいの売上が期待できると考えれば言い過ぎな数字ではありません。

これからビジネスサイトを立ち上げる方は目安として月10万PVを目指すと良いかもしれません。そのレベルになればネット経由で安定的な売上が発生するようになるでしょう。

ただし、「アクセス増=売上増」とは限らないので、あくまで目安ですが。

アクセスが増える前に高速サーバーに移転!

アクセスアップに向けて記事本数を増やしていくと「最近、サイトのスピードが遅くなった?」を感じることがあります。

なんとなく安いレンタルサーバーで気軽に始めたサイト制作も、10万PVを目指して本格的に記事を増やしていくと、どうしても遅く感じることはあります。

もちろん、サイト内の調整でパフォーマンスを改善できる場合もありますが、サーバー移転が効果的です。すぐに実感できるほどスピードが上がることがあります。

サイトの引っ越しというと、速度が遅くなってからと思うかもしれませんが、そのタイミングになると記事本数も増え、画像も膨大に含まれていたりして、移転にかなり苦労することもあります。

当サイトも遅さを実感してから移転しましたが、かなり面倒でした。

ですから、月10万PVを目指すなら、早めにエックスサーバーのような高速サーバーに移転した方が良いです。

表示が遅いと次のページを見る気が失せたり、SEO的にも不利になったりするのは有名ですよね。高速サーバーに移転することは直接的、間接的にPVの増加に役立ちますよ。なんとなく遅いレンタルサーバーを使っている方は、早めの移転をおすすめします。




この記事をSNSで共有する
WordPressでお困りのときはご相談を
この記事を書いた西沢直木が直接、WordPress個別サポートで対応します。
こんなときはご相談を
  • WordPressの使い方(ページやメニューの作り方を教えてほしい)
  • カスタマイズ(機能の追加やデザイン調整をお願いしたい)
  • トラブル対応(画面真っ白・「ログインできない」を解決したい)
マンツーマンなので相談内容は自由です。いただいた課題をその場で解決、CSSやPHPも目の前で修正します。気軽にご相談ください。
カスタマイズがうまくいかないときは
お急ぎのときはWordPressメールサポートで対応します。ご活用ください。
wordpress講座受講予約
WordPress講座の問い合わせ先

関連記事

スポンサーリンク