WordPress個別サポート

ご存じかもしれませんが、WordPress 4.7では「カスタムCSS」機能が追加されています。現在のサイトで修正したいCSSを入力してデザインをカスタマイズできる機能です。

一般的にCSSをカスタマイズするには、

  1. 親テーマのCSSを修正する
  2. 子テーマを作ってCSSを修正する
  3. テーマやプラグインの「カスタムCSS」機能を使う

の3パターンがありますが、次のようなデメリットがあります。

  1. 親テーマを修正するとテーマをアップデートしづらくなる
  2. 子テーマ作成は面倒でうまくいかないことがある
  3. カスタムCSS機能はテーマやプラグインに依存する

そんなときにWordPress 4.7で追加されたカスタムCSS機能が役立ちます。子テーマを作らなくても「外観」-「カスタマイズ」を開いて「追加CSS」メニューに任意のCSSを入力、プレビューすることができます。

WordPress 4.7のカスタムCSS機能

WordPress 4.7のカスタムCSS機能

入力したCSSはテーマに関連づけられるため、テーマを切り替えるとカスタムCSSは空っぽになります。つまり、テーマを切り替えたときに不要なCSSが引き継がれることがありません。

テーマを切り替えるとカスタムCSSは空に

テーマを切り替えるとカスタムCSSは空に

元のテーマに戻すと、入力したカスタムCSSがもう一度適用されます。

元のテーマに戻すとカスタムCSSが復活

元のテーマに戻すとカスタムCSSが復活

これは、カスタムCSSを入力したときのテーマ名が記憶されているためです。テーマごとに別々のカスタムCSSを管理できるので非常に便利です。

これで、子テーマ作成の悩みも少なくなるかもしれませんね。少なくともCSSを直したいだけなら子テーマを作らなくてもカスタムCSS機能だけで実現できます。

ただし、テーマのPHPを修正したい場合は子テーマ作成を検討する必要があります。念のため。

また、子テーマを作った場合、親テーマの「カスタムCSS」は引き継がれないので注意が必要です。子テーマを有効化する前にコピーしておく必要がありますね。

この記事をSNSで共有する
WordPressでお困りのときはご相談を
この記事を書いた西沢直木が直接、WordPress個別サポートで対応します。
こんなときはご相談を
  • WordPressの使い方(ページやメニューの作り方を教えてほしい)
  • カスタマイズ(機能の追加やデザイン調整をお願いしたい)
  • トラブル対応(画面真っ白・「ログインできない」を解決したい)
マンツーマンなので相談内容は自由です。いただいた課題をその場で解決、CSSやPHPも目の前で修正します。気軽にご相談ください。
wordpress講座受講予約
WordPress講座の問い合わせ先

関連記事

BizVektorのカスタマイズ

WordPressによるサイト作成のヒント

WordPressプラグイン

スポンサーリンク
西沢直木によるWordPress講座の紹介
ホームページ作成講座WordPress個別サポート