WordPress個別サポート

「テーマのカスタマイズは子テーマで」とわかっていても面倒なこともあります。子テーマフォルダを作成してstyle.cssに初期設定を記述して、空のfunctions.phpを準備して、親テーマからテンプレートをコピーして、、、こうした定型の作業を簡単に実行できるプラグインがあれば便利ですよね。

そんな子テーマをワンクリックで作成できるのがOne-Click Child Themeプラグインです。以下、使い方を簡単に説明します。

スポンサーリンク

ワンクリックで子テーマを作成

「プラグイン」‐「新規追加」メニューからOne-Click Child Themeプラグインをインストール、有効化します。

One-Click Child Themeプラグインのインストール

One-Click Child Themeプラグインのインストール

「外観」-「Child Theme」メニューを開いて現在使用中のテーマの子テーマを作成します。「Theme Name」(1)には子テーマの名前を入力します。名前は自由ですがフォルダ名になるので英数字(例:child-test)で付けておきましょう。その他の項目(2)(3)は適当で大丈夫です。「Create Child」(4)ボタンをクリックして設定を完了します。

現在使用中のテーマから子テーマを作成

現在使用中のテーマから子テーマを作成

子テーマが作成され、有効化されます。

作成した子テーマが有効化される

作成した子テーマが有効化される

これで、「外観」‐「テーマの編集」メニューからstyle.cssなど、必要なファイルを開いて修正できるようになります。

作成した子テーマのstyle.cssには親テーマのstyle.cssを読み込むコード(@import)が記述されていません。子テーマで定番の次のコードです。

@import url('../親テーマフォルダ/style.css');

その代わりにfunctions.phpで親テーマ、子テーマのstyle.cssを読み込むスタイルになっています。

親テーマから子テーマへのファイルコピー

作成された子テーマはstyle.cssやfunctions.phpなど最小の構成になっています。その他のファイルを子テーマで編集したい場合は、「外観」-「Child Theme」メニューを開いて親テーマからコピーすることができます。

以下は、header.php(1)を選んでコピーする例です。ファイル一覧からheader.php(1)を選択して「Copy Template」(2)ボタンをクリックすると親テーマのheader.phpが子テーマフォルダにコピーされます。

親テーマのheader.phpを子テーマにコピー

親テーマのheader.phpを子テーマにコピー

「外観」‐「テーマの編集」メニューを開くと、header.phpが追加されており、編集できるようになっています。

header.phpを子テーマで編集可能になる

header.phpを子テーマで編集可能になる

コピー済みのファイルは「外観」-「Child Theme」メニューで選択できなくなるので、作成済みのファイルを間違ってを上書きするのを防ぐことができます。ゼロからコピーし直すときは、子テーマにコピーしたファイルをFTPツールなどで削除しておく必要があります。

これで、子テーマの準備は完了です。あとは、アイデアに応じてCSSやPHPのカスタマイズにチャレンジしていきましょう。

この記事をSNSで共有する
WordPressでお困りのときはご相談を
この記事を書いた西沢直木が直接、WordPress個別サポートで対応します。
こんなときはご相談を
  • WordPressの使い方(ページやメニューの作り方を教えてほしい)
  • カスタマイズ(機能の追加やデザイン調整をお願いしたい)
  • トラブル対応(画面真っ白・「ログインできない」を解決したい)
マンツーマンなので相談内容は自由です。いただいた課題をその場で解決、CSSやPHPも目の前で修正します。気軽にご相談ください。
wordpress講座受講予約
WordPress講座の問い合わせ先
脱・初心者を目指すWordPress 189のヒント

関連記事

BizVektorのカスタマイズ

Lightningのカスタマイズ

WordPressカスタマイズ

WordPressによるサイト作成のヒント

スポンサーリンク
西沢直木によるWordPress講座の紹介
ホームページ作成講座WordPress個別サポート