WordPress個別サポート

WordPressサイトのトップページで次のように3つくらいの宣伝ができるエリア(例:以下、BizVektorの名称を借りて「3PRエリア」とします)は、ビジネスサイトで使いたいパーツとして人気があります。

トップページで3つ宣伝できる「3PRエリア」

トップページで3つ宣伝できる「3PRエリア」(BizVektorなどのテーマで使える)

BizVektorのような3PRエリアが組み込まれていないテーマでは自力で作成する必要があります。divタグを駆使して横並びのレスポンシブなレイアウトを作るのは面倒でしょうから、プラグインを使って3カラムの「3PRエリア」を直感的にレイアウトしていく方法を紹介します。

たとえば、Stinger5の例では次のように仕上がるイメージです。

Stinger5のトップページに「3PRエリア」を配置したイメージ

Stinger5のトップページに「3PRエリア」を配置したイメージ

もちろん、CSSを書かなくてもレスポンシブ対応です。

レスポンシブ対応の3PRエリア

レスポンシブ対応の3PRエリア

Stinger5以外のテーマでも作業は同じです。

スポンサーリンク

Page Builderプラグインのインストール

Page Builderプラグインを使うと、固定ページの本文に3カラムや4カラムのレイアウトを簡単に作成することができます。

さっそく次の2つのプラグインをインストールして有効化しましょう。

  1. Page Builder by SiteOrigin
    固定ページに3カラム、4カラムなどのレイアウトを作成できます。
    Page Builder by SiteOriginプラグインをインストール

    Page Builder by SiteOriginプラグインをインストール

  2. SiteOrigin Widgets Bundle
    上記のPage Builderプラグインで使うパーツ(ウィジェット)です。
    SiteOrigin Widgets Bundleプラグインをインストール

    SiteOrigin Widgets Bundleプラグインをインストール

SiteOrigin Widgets Bundleプラグインは必須ではありませんが、Page Builderプラグインを使うときに便利なウィジェットが使用可能になるのでインストールしておきましょう。

「Page Builder」メニューの表示

「固定ページ」‐「新規追加」メニューからトップページを作成します。

固定ページ「トップページ」を作成

固定ページ「トップページ」を作成

トップページ以外でも使えるのでタイトルは「トップページ」でなくても構いません。

エディタの右肩の「ビジュアル」「テキスト」の隣にある「Page Builder」をクリックします。

「Page Builder」をクリック

「Page Builder」をクリック

画面がビジュアルエディタやテキストエディタとは少し違う雰囲気になります。表示されたメニューを使ってレイアウトを組み立てていきます。

「Page Builder」画面に切り替わる

「Page Builder」のレイアウト作成画面に切り替わる

行の作成

新たな行を作成するため、「Add Row」または「row」をクリックします。

新たな行の作成

新たな行の作成

「行」がピンとこないときはExcelの横1行をイメージしてください。またはノートの1行でも構いません。空の1行を準備して、そこにパーツを組み込んでいくイメージです。

開いた画面の「Set row layout」で新たな行の列数(1)を指定します。ここでは「3」に設定して3カラムにしますが、4カラムレイアウトを作りたい方は「4」を指定するなど、自由に設定して大丈夫です。6カラムの場合は3カラムを2つ作ることになるので「3」にします。

行の列数を指定

行の列数を指定

列数を選択するとプレビュー(2)が切り替わります。問題がなければ「Insert」ボタン(3)をクリックします。

「columns with a ratio of」で各列の幅を設定できますが、ここでは初期設定の「even」(均等サイズ)のままで進みます。

完了すると、画面に3カラムのレイアウトが作成されます。

3カラムのレイアウトが作成される

3カラムのレイアウトが作成される

あとは、それぞれの列に画像や文章をレイアウトして完成させます。

ウィジェットの追加

左端の列から項目を追加していきましょう。それには、左端の列(1)をクリックして「Add Widget」(2)をクリックします。

左端の列にウィジェットを追加

左端の列にウィジェットを追加

画像の追加

表示されたウィジェットから「SiteOrigin Image」をクリックします。

画像パーツの「SiteOrigin Image」をクリック

画像パーツの「SiteOrigin Image」をクリック

左端の列に画像パーツの「SiteOrigin Image」が追加されます。

画像パーツ「SiteOrigin Image」が追加される

画像パーツ「SiteOrigin Image」が追加される

ここから先は画像と文章を別々にレイアウトしていきますが、エディタを使って柔軟に本文をレイアウトしたい場合は、SiteOrigin Editorウィジェットを使うと便利です。

この画像パーツで画像を表示するため、「SiteOrigin Image」にマウスオーバーして「Edit」をクリックします。

画像を登録するため編集画面を開く

表示する画像の設定画面を開く

SiteOrigin Widgets Bundleプラグインがインストールされていないと、次のようなメッセージが表示されます。

進めるにはSiteOrigin Widgets Bundleプラグインのインストールが必要

進めるにはSiteOrigin Widgets Bundleプラグインのインストールが必要

この場合、SiteOrigin Widgets Bundleプラグインをインストールして、作成中のページをいったん下書き保存して固定ページの一覧から開き直しましょう。

画像設定画面が開いたら、「Choose Media」をクリックして画像を選択します。

画像を選択

画像を選択

選択した画像(1)を確認して「Set Media」ボタン(2)をクリックします。

使用する画像の確認と設定

使用する画像の選択

設定した画像(1)を確認して「Done」ボタン(2)をクリックします。画像をクリックしたときのリンク先URLなども設定できますが、話が長くなるので初期設定のまま進みます。

画像の設定完了

画像の設定完了

Page Builderの画面に戻っても特に変わった様子もありませんが大丈夫です。心配な方は「プレビュー」ボタンをクリックしてサイトを確認してみましょう。画面の左端に画像が表示されるはずです。

設定した画像が表示される

設定した画像が表示される

文章の追加

画像の下あたりに自由な文章を追加してみましょう。それには、3列の左端の列(1)を選択して「Add Widget」(2)をクリックします。

左端の列にウィジェットを追加

左端の列にウィジェットを追加

表示されたウィジェットから「テキスト」を選択します。

テキストウィジェットを追加

テキストウィジェットを追加

画像の下に「テキスト」が追加されます。

テキストウィジェットが追加される

テキストウィジェットが追加される

テキストウィジェットの「Edit」をクリックして設定画面を開きましょう。

テキストウィジェットの設定画面を開く

テキストウィジェットの設定画面を開く

タイトル(1)と本文(2)を入力して「Done」ボタン(3)をクリックします。

テキストウィジェットの内容を編集

テキストウィジェットの内容を編集

左端の列(1)に画像と文章を追加できました。画面では見た目に大きな変化がないので、「プレビュー」ボタン(2)をクリックしてうまくいっているか確認してみましょう。

左端の列が完成

左端の列が完成

なんとなく、それっぽいイメージになったと思います。

自作3PRエリアの左端が完成

自作3PRエリアの左端が完成

ウィジェットの配置位置の変更

画像とテキストの上下を入れ替えたい場合、テキストにマウスオーバーして十字になったカーソルをドラッグアンドドロップして順番を入れ替えることができます。

ウィジェットの順番を入れ替える

ウィジェットの順番を入れ替える

オリジナル3PRエリアの完成

中央の列と右側の列も上記の左側の列と同じように画像と文章を追加します。

自作の3PRエリアをレイアウト

自作の3PRエリアをレイアウト

作成できたらページを公開して確認してみましょう。

自作3PRエリアの完成

自作3PRエリアの完成

4PRや6PRを作るには

ここまでの作業でイメージできると思いますが、3PRではなく4PRにしたい場合は、追加する行を4列にすれば大丈夫です。

6PRにする場合は3PRを作成した後に、同じ作業でもう1つ3PRを作成すれば大丈夫ですが、ゼロからパーツを埋め込んでいくのが面倒かもしれません。その場合、作成済みの3PR(パート1)をコピーすると作業が楽です。

それには、作成済みの自作3PRエリアの右上にマウスオーバーして、「Duplicate Row」をクリックします。

既存の行(自作3PRエリア)の複製

既存の行(自作3PRエリア)の複製

6PRのレイアウトのたたき台ができます。

6PRのレイアウトイメージができる

6PRのレイアウトイメージができる

あとは、それぞれのパーツの「Edit」をクリックして画像や文章を入れ替えていけば完成です。

まとめ

このようにPage Builderプラグインを使うと、難しそうな3カラムや4カラムのレイアウトを簡単に作成することができます。トップページに3つや4つくらい宣伝できるパーツがほしいと思った方はチャレンジしてみてください。

こんなときはどうする?

3列で作成しましたが4列に変更したいのですが?
行の「Edit Row」をクリックして4列に変更できます。
列数の設定変更

列数の設定変更

宣伝した商品やサービスにリンク先を指定するには?
テキストウィジェットにリンクを入れる形で対応できると思います。画像パーツ「SiteOrigin Image」にも「Destination URL」にリンク先を設定できます。具体的な手順を説明すると話が長くなるのでよくわからないときは個別サポートをご利用ください。

PRページに移動できるようにする

PRページに移動できるようにする

参考までにテキストウィジェットの空白を調整するCSSを紹介しておきます。

#pl-8 .panel-grid-cell .so-panel {
    margin-bottom: 0px !important;
}

.post #pl-8 h3 {
    margin-top: 0px;
}
行全体を消すには?
行右上の「Delete Row」をクリックして、本当に削除して良ければ確認の「Are you sure?」をクリックします。

本当に行を削除して良いか確認

本当に行を削除して良いか確認

「トップページ」を消したい
固定ページのタイトル「トップページ」はCSSの「display: none;」で消すことも可能ですが、Stinger5ではh1になっているのでトップページにふさわしいキャッチフレーズっぽい文言に修正した方が無難です。
「公開日」を消したい
公開日を消したい

公開日を消したい

次のCSSで「公開日」を消すことができます。セレクタに「.home」を追加することでトップページのみが対象になります。他のページの公開日には影響しません。

.home .contentsbox {
    display: none;
}
トップページにブログ記事が表示されるのですが
「設定」‐「表示設定」メニューでフロントページの表示に「トップページ」を選ぶ必要があります。

フロントページに固定ページの「トップページ」を表示する

フロントページに固定ページの「トップページ」を表示する

この記事をSNSで共有する
WordPressでお困りのときはご相談を
この記事を書いた西沢直木が直接、WordPress個別サポートで対応します。
こんなときはご相談を
  • WordPressの使い方(ページやメニューの作り方を教えてほしい)
  • カスタマイズ(機能の追加やデザイン調整をお願いしたい)
  • トラブル対応(画面真っ白・「ログインできない」を解決したい)
マンツーマンなので相談内容は自由です。いただいた課題をその場で解決、CSSやPHPも目の前で修正します。気軽にご相談ください。
wordpress講座受講予約
WordPress講座の問い合わせ先

関連記事

BizVektorのカスタマイズ

WordPressカスタマイズ

WordPressによるサイト作成のヒント

WordPressプラグイン

スポンサーリンク
西沢直木によるWordPress講座の紹介
ホームページ作成講座WordPress個別サポート