WordPress個別サポート

「WordPressのアドレスについているwpを取りたい」

これは西沢直木のIT講座によく持ち込まれる相談です。

ここでは、さくらインターネットを例に、ドメインのサブディレクトリ(wpというフォルダ)にインストールしたWordPressにルートディレクトリでアクセスするように変更する方法を紹介します。FTPソフトなどを使わず、さくらインターネットのサーバコントロールパネルから作業することができます。

さくらインターネット以外のレンタルサーバーでも考え方は同じです。

作業の趣旨は、

http://WordPressアドレス/wp
http://WordPressアドレス/sample

など、「wp」や「sample」というサブディレクトリにインストールしたWordPressに、

http://WordPressアドレス/

というドメインのルートディレクトリでアクセスできるように設定しようというものです。

作業が不安な方はWordPress個別サポートをご利用ください。銀座セミナールームまたはスカイプで一緒に設定していきます。

WordPressのインストールから始めたい方は、以下の記事を参考にしてください。

さくらインターネットでWordPressをインストールする

  1. サイトアドレスの変更
    WordPressのダッシュボードにアクセスして、「設定」‐「一般」メニューを選択します。

    「サイトアドレス(URL)」からサブディレクトリ名(例:wp)を削除して、「変更を保存」ボタンをクリックします。

    つまり、WordPressを表示したいアドレスに変更するということです。

    サイトアドレスを変更

    サイトアドレスを変更

    ・現在 → http://yanesen.sakura.tv/wp
    ・変更後 → http://yanesen.sakura.tv/

    「WordPressアドレス(URL)」はそのままです。変更すると面倒なことになるので注意してください。

    • WordPressアドレス --- WordPressをインストールしたURL(変更しない)
    • サイトアドレス --- WordPressを表示するURL(こちらを変更)
  2. さくらインターネット会員用のサーバコントロールパネルを開きます。
    サーバコントロールパネル

    サーバコントロールパネル

  3. 左下のメニューから「ファイルマネージャ」を選択します。
    ファイルマネージャ

    ファイルマネージャ

  4. WordPressをインストールしたディレクトリを開きます。
    WordPressインストールディレクトリを開く

    WordPressインストールディレクトリを開く

  5. 画面右側のファイル一覧からindex.phpと.htaccessをチェック(1)して、右クリックメニューから「指定の場所に複製」(2)を選択します。
    2つのファイルをルートディレクトリにコピー

    2つのファイルをルートディレクトリにコピー

    ※.htaccessが存在しない場合、index.phpのみのコピーで大丈夫です。

  6. コピー先のフォルダ(1)(ここでは、1つ上の階層のフォルダ)を選択して「OK」ボタン(2)をクリックします。
    コピー先のフォルダを選択

    コピー先のフォルダを選択

    index.phpと.htaccessが、ルートディレクトリにコピーされます。

    ※なぜか上書き確認が表示される場合がありますが、あまり気にしないで大丈夫です。

  7. ルートディレクトリを開いて、index.phpと.htaccessがコピーできたことを確認します。
    ルートディレクトリにファイルをコピー

    ルートディレクトリにファイルをコピー

  8. index.phpを右クリックして「編集」を選択します。
    index.phpの編集

    index.phpの編集

  9. 最後の行に、WordPressインストール先のディレクトリ名を追加します。これは、ルートディレクトリからWordPressインストール先のディレクトリ(例:wp)を参照するための変更です。

    ・現在
    require( dirname( __FILE__ ) . '/wp-blog-header.php' );

    ・変更後
    require( dirname( __FILE__ ) . '/wp/wp-blog-header.php' );

    ※追加する文字は「/wp」です。「./wp」と入力しないように注意しましょう。特に、古いバージョン向けのマニュアルには「./wp」と入力するように書かれている場合があります。十分に注意してください。

    参考までに古いマニュアルの修正例を紹介しておきます。

    ▼古いバージョン向けの修正例(このように間違えないように!)
    require('./wp/wp-blog-header.php');

    変更できたら、「保存」ボタンをクリックして閉じます。「保存」ボタンがクリックできない場合は、「閉じる」ボタンをクリックすると変更を破棄するか確認するメッセージが表示されるので、「いいえ」を選択(変更を破棄しない)すると「保存」ボタンをクリックできるようになります。

  10. 同じように、.htaccessを開いて編集します。変更するのは2か所で、WordPressインストール先のディレクトリ名を取り除きます(例: /wp/ を / に)。

    ※.htaccessが存在しない場合は、この手順は不要です。

    <IfModule mod_rewrite.c>
    RewriteEngine On
    RewriteBase /wp/ → この行を変更
    RewriteRule ^index\.php$ - [L]
    RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f
    RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-d
    RewriteRule . /wp/index.php [L] → この行を変更
    </IfModule>
    
    <IfModule mod_rewrite.c>
    RewriteEngine On
    RewriteBase / → このように変更
    RewriteRule ^index\.php$ - [L]
    RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f
    RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-d
    RewriteRule . /index.php [L] → このように変更
    </IfModule>
    

    その他は直す必要はありません。特に、最後の行「. /index.php」の「.」と「/」の間にある空白を取り除いたりしないように注意してください。

    変更後、「保存」ボタンをクリックて閉じます。

  11. WordPressのサイトに戻ってルートディレクトリにアクセスしてみましょう。WordPressのトップページが表示されるはずです。
    ルートディレクトリにアクセス

    ルートディレクトリにアクセス

    これで、WordPressをルートディレクトリで表示できるようになりました。
    ただし、ダッシュボードはWordPressインストール先の「http://WordPressアドレス/wp/wp-admin」のままなので注意してください。

この記事をSNSで共有する
WordPressでお困りのときはご相談を
この記事を書いた西沢直木が直接、WordPress個別サポートで対応します。
こんなときはご相談を
  • WordPressの使い方(ページやメニューの作り方を教えてほしい)
  • カスタマイズ(機能の追加やデザイン調整をお願いしたい)
  • トラブル対応(画面真っ白・「ログインできない」を解決したい)
マンツーマンなので相談内容は自由です。いただいた課題をその場で解決、CSSやPHPも目の前で修正します。気軽にご相談ください。
WordPress講座の問い合わせ先

関連記事

BizVektorのカスタマイズ

WordPressカスタマイズ

WordPressによるサイト作成のヒント

WordPressプラグイン

スポンサーリンク
西沢直木によるWordPress講座の紹介
ホームページ作成講座WordPress個別サポート