WordPress個別サポート

WordPressでサイトを移行するためにエクスポートした投稿を別のサイトにインポートすると、投稿に含まれる画像が表示されないことがあります。

インポートした投稿の画像が表示されない

インポートした投稿の画像が表示されない

これは、投稿で指定された画像のアドレス(URL)が古いサイトのままになっているためです。

この記事ではURLの置き換えにSearch Regexプラグインを使う方法を紹介していますが古いです。URL置き換えにはSearch RegexプラグインよりもBetter Search Replaceプラグインをおすすめします。
画像アドレスが古いサイトのまま

画像アドレスが古いサイトのまま

対処するには、投稿や固定ページ内の文字列を一括で置き換えられるプラグインをインストールして、古いサイトのアドレスを移行先のアドレスに置き換える方法があります。

ここでは、Search Regexプラグインを使います。

※プラグインメニューから「Search Regex」を検索してインストール、有効化してください。

「ツール」‐「Search Regex」メニューにアクセスして、置換前、置換後の文字列を入力します。

Search Regexメニュー

Search Regexメニュー

  • Search pattern --- 置換前の文字列(古いサイトのアドレスなど)を指定します。
  • Replace pattern --- 置換後の文字列(移行後のサイトのアドレスなど)を指定します。
  • Regex --- チェックすると正規表現パターンによって置換が実行されます。
  • Source --- どの部分を置換するかを選択できます。デフォルトは「Post content」(投稿や固定ページの本文)です。その他、置換したい部分に応じて抜粋、タイトル、URLなどを選択できます。
スポンサーリンク

WordPressテーマ「LOTUS (TCD039)」

処理ボタンをクリックしたときの動作

処理ボタンが3つありますが、作業の流れは「Replace」ボタンをクリックして置換後のイメージを確認して、「Replace & Save」ボタンをクリックして実際に一括置換を実行するのが安全かつ効率的です。

「Search」ボタンをクリックすると、Search patternにマッチする投稿や固定ページを一覧表示します(置換は実行されません)。各行の右端にある「edit」ボタンをクリックして個別に修正することができます。1つずつ確認しながら変更したい場合に役立ちます。

Search patternにマッチするデータの一覧表示

Search patternにマッチするデータの一覧表示

「Replace」ボタンをクリックすると、Search patternにマッチした部分と、置換後のイメージが表示されます。この時点では、まだ置換は実行されません。右端にある「edit」ボタンをクリックして1つずつ修正するか、「replace」ボタンをクリックして1つずつ確認しながら置き換えることができます。

置換後のイメージを確認して1つずつ置換

置換後のイメージを確認して1つずつ置換

「Replace & Save」ボタンをクリックすると、実際にSearch pattern(置換前)からReplace pattern(置換後)への置換が実行されます(確認画面は表示されません)。

置換が実行される

置換が実行される

これにより、画像が表示されるようになります。

投稿の画像が表示される

投稿の画像が表示される

この記事をSNSで共有する
WordPressでお困りのときはご相談を
この記事を書いた西沢直木が直接、WordPress個別サポートで対応します。
こんなときはご相談を
  • WordPressの使い方(ページやメニューの作り方を教えてほしい)
  • カスタマイズ(機能の追加やデザイン調整をお願いしたい)
  • トラブル対応(画面真っ白・「ログインできない」を解決したい)
マンツーマンなので相談内容は自由です。いただいた課題をその場で解決、CSSやPHPも目の前で修正します。気軽にご相談ください。
WordPress講座の問い合わせ先

関連記事

BizVektorのカスタマイズ

WordPressカスタマイズ

WordPressによるサイト作成のヒント

WordPressプラグイン

スポンサーリンク
西沢直木によるWordPress講座の紹介
ホームページ作成講座WordPress個別サポート