WordPress個別サポート

現在、Twenty Elevenの子テーマが適用されているとします。

現在の親テーマ:Twenty Eleven

現在の親テーマ:Twenty Eleven

子テーマのstyle.cssには、次のように記述されているだけです。

/*
Theme Name:     child
Theme URI:      http: //example.com/
Description:    Child theme
Author:         nishi
Author URI:     http://www.nishi2002.com/
Template:       twentyeleven
Version:        0.1.0
*/

@import url('../twentyeleven/style.css');

親テーマをTwenty ElevenからTwenty Twelveに変更します。

/*
Theme Name:     child
Theme URI:      http: //example.com/
Description:    Child theme
Author:         nishi
Author URI:     http://www.nishi2002.com/
Template:       twentytwelve
Version:        0.1.0
*/

@import url('../twentytwelve/style.css');

テーマの編集画面でファイルを更新してサイト表示を確認すると、レイアウトが崩れてしまいます。

親テーマを変更後、レイアウトが崩れる

親テーマを変更後、レイアウトが崩れる

この場合、「テーマ」メニューで一度別のテーマを有効化してから、もう一度この子テーマを有効化すると、親テーマの変更が反映されます。

設定後、ブラウザの「更新」ボタンをクリックすると、Twenty Twelveのレイアウトが反映されるようになります。

親テーマの変更(Twenty Twelve)が反映される

親テーマの変更(Twenty Twelve)が反映される

この記事をSNSで共有する
WordPressでお困りのときはご相談を
この記事を書いた西沢直木が直接、WordPress個別サポートで対応します。
こんなときはご相談を
  • WordPressの使い方(ページやメニューの作り方を教えてほしい)
  • カスタマイズ(機能の追加やデザイン調整をお願いしたい)
  • トラブル対応(画面真っ白・「ログインできない」を解決したい)
マンツーマンなので相談内容は自由です。いただいた課題をその場で解決、CSSやPHPも目の前で修正します。気軽にご相談ください。
WordPress講座の問い合わせ先

関連記事

BizVektorのカスタマイズ

WordPressカスタマイズ

WordPressによるサイト作成のヒント

WordPressプラグイン

スポンサーリンク
西沢直木によるWordPress講座の紹介
ホームページ作成講座WordPress個別サポート