WordPress個別サポート

通常は、WordPressで編集画面のテキストエディタで<!--nextpage-->を入力すれば、そのタイミングでページが分割されてページナビゲーションが表示されます。

nextpageが入力されたタイミングでページが分割される

nextpageが入力されたタイミングでページが分割される

「通常は」というのは、仕上がっているテーマを使えばということです。WordPressテーマを自作しているときや、仕上がっていないテーマを使っているときは、このナビゲーションが表示されない場合があります。

その原因は、ナビゲーションを表示する命令がテンプレートに記述されていないことが考えられます。

その命令はwp_link_pagesというWordPress関数です。

通常は固定ページのテンプレートpage.php、またはcontent.php、またはcontent-page.phpに記述されています。上記の固定ページ用のテンプレートに記述されていない場合は、ナビゲーションが表示されない場合があります。

対策は、固定ページのテンプレートに次のようなコードを追加することです。

<?php wp_link_pages(); ?>

追加する具体的な場所はテーマによって異なりますが、固定ページのテンプレートpage.php、またはcontent.php、content-page.phpに記述されたページ本文を表示するthe_content関数が目印になります。その下あたりに記述すれば大丈夫です。

ページナビゲーションが表示されるようになります。

表示されたページナビゲーション

表示されたページナビゲーション

個々のリンクやナビゲーション全体をspanタグやdivタグで囲んでおけば個別スタイルを指定するのに役立ちます。

参考になるコードはTwenty FourteenやTwenty Fifteenのcontent-page.phpに記述されています。

wp_link_pages( array(
    'before'      => '<div class="page-links"><span class="page-links-title">ページ:</span>',
    'after'       => '</div>',
    'link_before' => '<span>',
    'link_after'  => '</span>',
) );

この例ではナビゲーション全体には「page-links」というclass名、個別のリンクにはspanタグが付加されます。Twenty Fourteenのスタイルを見ると、それらのclassやタグに対してスタイルが指定されていることがわかります。

個々のリンクに指定されたスタイル(Twenty Fourteen)

個々のリンクに指定されたスタイル(Twenty Fourteen)

ページナビゲーションに独自のスタイルを設定したい場合はTwenty FourteenやTwenty Fifteenを参考にしてください(Twenty ThirteenやTwenty Twelveでも大丈夫ですが)。

wp_link_pages関数について詳しくは、以下のページをご覧ください。

WordPressリファレンス/wp_link_pages関数

この記事をSNSで共有する
WordPressでお困りのときはご相談を
この記事を書いた西沢直木が直接、WordPress個別サポートで対応します。
こんなときはご相談を
  • WordPressの使い方(ページやメニューの作り方を教えてほしい)
  • カスタマイズ(機能の追加やデザイン調整をお願いしたい)
  • トラブル対応(画面真っ白・「ログインできない」を解決したい)
マンツーマンなので相談内容は自由です。いただいた課題をその場で解決、CSSやPHPも目の前で修正します。気軽にご相談ください。
WordPress講座の問い合わせ先

関連記事

BizVektorのカスタマイズ

WordPressカスタマイズ

WordPressによるサイト作成のヒント

WordPressプラグイン

スポンサーリンク
西沢直木によるWordPress講座の紹介
ホームページ作成講座WordPress個別サポート