Accessでデザインビューを使うと簡単にテーブルを作成できますが、似たような構造のテーブルをいくつか作る場合は、SQL(CREATE TABLE文)を実行した方が早いこともあります。ここでは、クエリウィンドウでCREATE TABLE文を入力してテーブルを作成する方法を紹介します。

まずは、「作成」‐「クエリデザイン」メニューを選択して、開いたクエリウィンドウを右クリックして「SQLビュー」を選択します。

次のように「SELECT;」とだけ書かれたウィンドウが表示されます。

SQLビューを開く

SQLビューを開く

次のようにCREATE TABLE文を入力して「デザイン」‐「クエリツール」メニューから「実行」ボタンをクリックすると、会員テーブルが作成されます。

CREATE TABLE文を入力して実行する

CREATE TABLE文を入力して実行する

CREATE TABLE 会員(
ID COUNTER PRIMARY KEY,
会員名 CHAR(10),
ポイント INT,
入会 YESNO,
メモ MEMO,
登録日 DATE
);

使われているSQLのキーワードは次のとおりです。主にフィールドのデータ型を示しています。

COUNTER --- オートナンバー
PRIMARY KEY --- 主キー
CHAR --- 短い文字列
INT --- 数値型
YESNO --- Yes/No型
MEMO --- 長い文字列
DATE --- 日付

SQLで使えるAccessのデータ型について詳しくは、以下のページを参照してください。
Microsoft Jet データベース エンジン SQL と ANSI SQL のデータ型

作成されたテーブルをデザインビューで開くと、手動で作成するときと同じようにフィールド名やデータ型が設定されています。

作成されたテーブルのデザイン

作成されたテーブルのデザイン

各フィールドのプロパティは初期値に設定された状態なので、必要に応じて修正します。たとえば、YESNO型のフィールドをチェックボックスからチェックして「YES」と「NO」を切り替えられるように、まず「書式」で「Yes/No」を選択します。

YESNOフィールドの書式を設定

YESNOフィールドの書式を設定

次に「ルックアップ」タブの「表示コントロール」で「チェックボックス」を選択します。

YESNOフィールドをチェックボックスに

YESNOフィールドをチェックボックスに

データシートビューに切り替えると、データを入力できます。

データも入力できる

データも入力できる

スポンサーリンク

SQLを書くときに必携の本「SQLポケットリファレンス」

Accessに限らずデータベースを扱うときにSQLを記述する必要のある方は SQLポケットリファレンス が必携です。インターネットで調べればわかる時代かもしれませんが手元に置いてあると安心する一冊です。
この記事をSNSで共有する
AccessVBA逆引き大全 600の極意 2016/2013/2010/2007対応

AccessVBA逆引き大全 600の極意 2016/2013/2010/2007対応

E-Trainer.jp 中村俊
2,808円(10/15 10:08時点)
発売日: 2017/06/27
Amazonの情報を掲載しています
【Accessを月額で使えます】Office 365 Solo

関連記事

スポンサーリンク