WordPress講座(個別相談)

個々の投稿や固定ページのパーマリンク途中で変更したくなることもありますよね。

たとえば、次のように連番にしてしまったブログ記事。

https://nishizawashoten.com/4872.html

こんな感じでURLにキーワードを入れておけばSEO的に有利?

https://nishizawashoten.com/book-word-count

そんな噂が気になって「設定」‐「パーマリンク設定」メニューで設定を変更しようと思った方、ちょっと待った!

どうなるか、試しに変えてみます。

パーマリンク設定、変えちゃって大丈夫?

パーマリンク設定、変えちゃって大丈夫?

個々のページのパーマリンクも付け直します。

個々のページのパーマリンクも変更しちゃいましたが…

個々のページのパーマリンクも変更しちゃいましたが…

これで良し!SEO対策もバッチリ!そう思うのは危険です。

これまでの検索結果は、どうなってますか?元のURLのままですよね。

検索結果のURLは元のままなので…

検索結果のURLは元のままなので…

ということは、ここからアクセスしてくると、どうなるでしょうか?

検索エンジン経由でアクセスすると…

検索エンジン経由でアクセスすると…

「ページが見つかりません」になります。

URLを変更したので、ページは見つからない

URLを変更したので、ページは見つからない

どういうことか、整理しましょう。URLを変えてしまったので、これまでの検索結果からのアクセスが無駄になってしまうのです。

もちろん、変更前後のURLのリダイレクト設定は可能ですが、ページ数を考えると面倒な場合があります。ですから、すでにホームページ運営歴が長い場合は、パーマリンク設定を安易に変更するのはおすすめできません

その代わりに、個々のページのURLを自由に変更できるCustom Permalinksプラグインなどを使った方が無難です。

使うには、Custom Permalinksプラグインをインストールします。

Custom Permalinksプラグインのインストール

Custom Permalinksプラグインのインストール

このプラグインは、これまでのパーマリンク設定を変えることなく、個々の投稿や固定ページのパーマリンクを変更できる便利なプラグインです。古いページへのアクセスは新たなページに転送されるので、「ページが見つかりません」になる危険もありません。

さっそく、URLを変えたいページのパーマリンクを設定してみましょう。編集画面を開くと、パーマリンクが薄く表示された状態で、変更可能になっています。

パーマリンクが変更可能に

パーマリンクが変更可能に

あとは、自由に変更しましょう。

このページのパーマリンクを変更

このページのパーマリンクを変更

「更新」ボタンをクリックすると設定完了です。言うまでもありませんが、他のページには影響ありません。

投稿や固定ページを新規追加する際は、指定しなければパーマリンク設定に従ってURLが決まります。

問題は、検索結果をクリックしたときの挙動です。検索結果から古いURLをクリックして確認してみましょう。

古いURLをクリックして確認

古いURLをクリックして確認

今度はURL変更後のページが正しく表示されます。

変更後のURLに転送される

変更後のURLに転送される

これで安心して個々のページのURLを変更できますね。ただし、古いURLを表示しても正しく新しいURLのページが表示されるかチェックして、プラグインが正しく動作しているか確認することは重要です。

パーマリンク設定が気になっている方は、ぜひ、お試しください。

この記事をSNSで共有する
WordPressでお困りのときはご相談を
この記事を書いた西沢直木が直接、WordPress個別サポートで対応します。
こんなときはご相談を
  • WordPressの使い方(ページやメニューの作り方を教えてほしい)
  • カスタマイズ(機能の追加やデザイン調整をお願いしたい)
  • トラブル対応(画面真っ白・「ログインできない」を解決したい)
マンツーマンなので相談内容は自由です。いただいた課題をその場で解決、CSSやPHPも目の前で修正します。気軽にご相談ください。
カスタマイズがうまくいかないときは
お急ぎのときはWordPressメールサポートで対応します。ご活用ください。
wordpress講座受講予約
WordPress講座の問い合わせ先

関連記事

スポンサーリンク