問い合わせフォームや申し込みフォームで選択肢を配置するときにラジオボタンやチェックボックスの代わりに画像をクリックしてもらうスタイルのフォームをみかけます。こんなイメージです。

ラジオボタンやチェックボックスを画像クリック型に

ラジオボタンやチェックボックスを画像クリック型に

どちらも機能は同じですが、画像をクリックするタイプの方がわかりやすいので問い合わせや成約の増加につながるかもしれません。

以下、Contact Form 7プラグインで作成した問い合わせフォームとJazzy Formsプラグインで作成した見積もりフォームを例に、ラジオボタンやチェックボックスを画像に置き換える方法を紹介します。

スポンサーリンク

Contact Form 7の例

Contact Form 7で作成した問い合わせフォームを例に説明します。

加工前のフォーム

通常の問い合わせフォームは次のようなイメージです。「ご希望のコース」がラジオボタンです。

一般的なフォームのラジオボタン

一般的なフォームのラジオボタン

ここまでのフォームの作り方は説明しませんので、必要に応じてテスト用のフォーム(ラジオボタン付)を準備してください。

画像をクリックするスタイルのラジオボタンに加工していきます。

ラジオボタンの項目をlabelタグで囲む

まずは、ラジオボタンの各項目をlabelタグで囲みます。それには、「お問い合わせ」‐「コンタクトフォーム」メニューでフォームの編集画面を開いて、ラジオボタンのタグにuse_label_elementを追加します。

ラジオボタンに「use_label_element」を追加

ラジオボタンに「use_label_element」を追加(コンタクトフォームの編集画面)

これにより、ラジオボタンの項目がlabelタグで囲まれます。

ラジオボタンの項目がlabelタグで囲まれる

ラジオボタンの項目がlabelタグで囲まれる

labelタグで囲むメリットは、ラジオボタンのラベル部分もクリック可能になることです。たとえば、「30分コース」などの文字をクリックしてもラジオボタンがチェックされます。

加工前のlabelタグがないラジオボタンではクリックに反応するのはボタン部分のみなので、画像を表示してもラジオボタンとは連動しません。

これを利用して、labelタグに画像を追加すれば、画像クリック式のラジオボタンができるのでは、という考え方です。

ラジオボタンに画像を追加する

さっそくlabelタグに画像を追加します。その前にもう一度ラジオボタンのHTMLタグを確認しましょう。labelタグにはinputタグ(ラジオボタン)とspanタグ(ラジオボタンのテキスト)が含まれていることがわかります。

labelタグの中にinputタグとspanタグがある

labelタグの中にinputタグとspanタグがある

labelタグに画像を追加するには、たとえば、ラジオボタンのテキストになるspanの後あたりに画像を追加すれば良いということです。

ラジオボタンのテキストの後に画像を追加するには、次のようなCSSを子テーマのstyle.cssなどに入力します。

/* 選択肢1の画像 */
span.course .wpcf7-list-item:nth-of-type(1) .wpcf7-list-item-label:after {
    content: url(http://-----.jpg);
}

/* 選択肢2の画像 */
span.course .wpcf7-list-item:nth-of-type(2) .wpcf7-list-item-label:after {
    content: url(http://-----.jpg);
}

urlの「http://-----.jpg」が表示する画像です。実際の画像に置き換えてください。

CSSセレクタで指定した3項目を簡単に説明しておきます。

  • span.course --- 「course」はコンタクトフォーム編集画面で作成したラジオボタンの項目名に対応しています。実際に使う場合は修正が必要です。
  • .wpcf7-list-item:nth-of-type(n) --- ラジオボタンのn番目の項目という意味です。項目ごとに別々の画像を表示するために必要です。
  • .wpcf7-list-item-label:after --- ラジオボタンのテキスト(wpcf7-list-item-labelクラスのspanタグ)の後(:after擬似要素)に画像を表示(content: url(画像のURL))しています。

これにより、ラジオボタンに画像が表示されるようになります。枠線の付いた「30分コース」「60分コース」が画像です。labelタグに含まれているのでクリックするとラジオボタンがチェックされます。

ラジオボタンに画像が表示される

ラジオボタンに画像が表示される

選択肢のチェック前後でスタイルを切り替える

このラジオボタンは最終的には画像のみになるので、チェックされたときにON/OFFの見分けがつく仕組みが必要です。いくつか方法がありますが、ここではチェック前後で画像の透明度を変える方法にしてみます。前述のCSSの後に続けて入力します。

/* 未チェックの選択肢を薄く表示 */
span.course .wpcf7-list-item input + .wpcf7-list-item-label:after {
    opacity: 0.2;
}

/* チェックされた選択肢を濃く表示 */
span.course .wpcf7-list-item input:checked + .wpcf7-list-item-label:after {
    opacity: 1;
}

通常時は透明に近く(opacity: 0.2)して、ラジオボタンがチェックされた場合は透過を無効に(opacity: 1)しています。これにより、チェックされた画像が濃く表示されるようになります。

チェック前後で画像の透明度を変える

チェック前後で画像の透明度を変える

不要なパーツを消す

最後に、不要なパーツを見えなくすれば完成です。具体的にはラジオボタン自体を消して、テキスト部分はフォントサイズを0に設定します。

/* ラジオボタンを消す */
span.course input {
    display: none;
}

/* ラジオボタンの文字を消す */
span.course input + span {
    font-size: 0;
}

これで、画像をクリックするスタイルのラジオボタンが完成です。

画像をクリックするスタイルのラジオボタンが完成

画像をクリックするスタイルのラジオボタンが完成

メール送信のテスト

実際にメールを送信してみましょう。上記の画像が単純な画像ではなくラジオボタンの代わりにフォーム要素として機能していることがわかります。

送信したメールにも反映される

送信したメールにも反映される

言うまでもありませんがメールで届く文字(「30分コース」など)は画像ではなくコンタクトフォームの編集画面で設定した文字です。

メールで送信されてくる文字

メールで送信されてくる文字

これで、Contact Form 7のラジオボタンを画像クリック型に変更する作業は終わりです。

チェックボックスの例は取り上げませんでしたが、基本的には項目名が異なるだけで、CSSを使ってlabelタグに画像を表示するという考え方は同じです。

Jazzy Formsの例

Jazzy Formsプラグインで作成した見積もりフォーム作成を例に、ラジオボタンやチェックボックスを画像クリック型に変更する方法を説明します。

Jazzy Formsプラグインについて詳しくは以下のページも参考にしてください。

見積もりフォームの作成に便利なJazzy Formsプラグイン

加工前のフォーム

Jazzy Formsプラグインで作成した一般的な見積もりフォームは次のようなイメージです。

Jazzy Formsで作成した見積もりフォーム

Jazzy Formsで作成した見積もりフォーム

ラジオボタンに画像を追加する

ラジオボタンを画像に置き換えます。その前にHTMLを見てラジオボタンの構造を確認しましょう。

ラジオボタンの構造

ラジオボタンの構造

個々の選択肢は箇条書きのliタグになっています。その中にラジオボタンのinputタグとラベルのlabelタグが含まれます。

Contact Form 7とは構造が異なりますが、inputタグ直後のlabelタグの:after擬似要素に画像を追加すれば良さそう、という考え方は同じです。

ラジオボタンに画像を表示するには次のようなCSSを子テーマのstyle.cssなどに入力します。

/* 商品1の画像 */
#jzzf_1_f1-1 + label:after {
    content: url(http://-----.jpg);
}

/* 商品2の画像 */
#jzzf_1_f1-2 + label:after {
    content: url(http://-----.jpg);
}

「#jzzf_1_f1-1」は個々のラジオボタン(inputタグ)に付加されているidです。直後のlabelタグ(#jzzf_1_f1-2 + label)の:after擬似要素に対して画像を追加しています。

これにより、個々の選択肢に画像が表示されるようになります。

ラジオボタンに画像を表示する

ラジオボタンに画像を表示する

チェックボックスに画像を追加する

チェックボックスも同じように画像を追加するため、HTMLの構造を確認して規則性を把握しましょう。

チェックボックスの構造を確認

チェックボックスの構造を確認

1つのチェックボックスはdivタグで囲まれ、その中にチェックボックスのinputタグとlabelタグが含まれています。ラジオボタンと同じようにinputタグ直後のlabelタグの:after擬似要素に画像を追加すれば良さそうです。

チェックボックスに画像を追加するため、次のようなCSSを子テーマのstyle.cssなどに入力します。

/* オプション1の画像 */
#jzzf_1_op1 + label:after {
    content: url(http://-----.jpg);
}

/* オプション2の画像 */
#jzzf_1_op2 + label:after {
    content: url(http://-----.jpg);
}

/* オプション3の画像 */
#jzzf_1_op3 + label:after {
    content: url(http://-----.jpg);
}

これにより、チェックボックスに画像が表示されるようになります。

チェックボックスに画像が追加される

チェックボックスに画像が追加される

選択肢のチェック前後でスタイルを切り替える

次のようなCSSを使って、ラジオボタンやチェックボックスの選択前後で透明度を変えます。どの商品やオプションが選択されたか判断するのに役立ちます。

/* 未チェックの選択肢を薄く表示 */
#jzzf_1_f1 input + label:after,
#jzzf_1_op1 + label:after,
#jzzf_1_op2 + label:after,
#jzzf_1_op3 + label:after {
    opacity: 0.2;
}

/* チェックされた選択肢の透過を無効に */
#jzzf_1_f1 input:checked + label:after,
#jzzf_1_op1:checked + label:after,
#jzzf_1_op2:checked + label:after,
#jzzf_1_op3:checked + label:after {
    opacity: 1;
}

これにより、選択されたラジオボタンやチェックボックスのみ濃く表示されるようになります。

選択前後で透明度を変える

選択前後で透明度を変える

不要なパーツを削除する

表示された画像やフォームの動作を確認して問題がなければ不要なパーツを消しましょう。具体的には次のようなCSSでチェックボックスを非表示にして、ラベルの文字を見えなくします。

/* ラジオボタン・チェックボックスを消す */
#jzzf_1_f1 input,
#jzzf_1_op1,
#jzzf_1_op2,
#jzzf_1_op3 {
    display: none;
}

/* 選択肢の文字を消す */
#jzzf_1_f1 label,
#jzzf_1_op1 + label,
#jzzf_1_op2 + label,
#jzzf_1_op3 + label {
    font-size: 0;
}

ついでに、必須ではありませんが次のようなCSSを使ってラジオボタンを横並びにしておきます。

/* ラジオボタンを横並びに */
#jzzf_1_f1 li {
    float: left;
    width: auto;
    list-style: none;
}

これで、画像をクリックするスタイルの見積もりフォームは完成です。

画像をクリックする見積もりフォームの完成

画像をクリックする見積もりフォームの完成

まとめ

このように、Contact Form 7やJazzy Formsプラグインで作成するフォームのラジオボタンやチェックボックスなどは画像に置き換えることができます。動作自体は変わりませんが、わかりやすい画像やアイコンをクリックするスタイルに変えることで商品やサービスの成約率アップにも役立つかもしれません。興味がある方はお試しください。

この記事をSNSで共有する
WordPressでお困りのときはご相談を
この記事を書いた西沢直木が直接、WordPress個別サポートで対応します。
こんなときはご相談を
  • WordPressの使い方(ページやメニューの作り方を教えてほしい)
  • カスタマイズ(機能の追加やデザイン調整をお願いしたい)
  • トラブル対応(画面真っ白・「ログインできない」を解決したい)
マンツーマンなので相談内容は自由です。いただいた課題をその場で解決、CSSやPHPも目の前で修正します。気軽にご相談ください。
お急ぎの方はWordPressメールサポートもご利用ください。
wordpress講座受講予約
WordPress講座の問い合わせ先

関連記事

スポンサーリンク