WordPress個別サポート

WordPressで使っているプラグインやウィジェットによっては記事IDやカテゴリーIDを入力する場面があります。ここでは、記事ID・ページID・カテゴリーIDを調べる方法を紹介します。

記事IDやカテゴリーIDの入力が必要なことも

記事IDやカテゴリーIDの入力が必要なことも

スポンサーリンク

WordPressで記事IDを調べる

WordPressで記事ID(投稿のID)を調べるには、その記事の編集画面を開きます。

記事の編集画面を開く

記事の編集画面を開く

ブラウザのアドレスバーを見て「post=99999」の部分を見つけます。この「99999」の数字が記事IDです。

「post=99999」の数字が記事ID

「post=99999」の数字が記事ID

固定ページのページIDを調べる

記事IDは投稿だけでなく固定ページでも使われています。つまり、記事IDとは固定ページのページIDでもあります。調べたい固定ページの編集を開いて、上記と同じように「post=99999」の数字を見つけます。この数字が固定ページの記事ID(ページID)です。

固定ページのページIDも同じように調べる

固定ページのページIDも同じように調べる

カスタム投稿タイプの記事ID

カスタム投稿タイプの記事IDも同じです。プラグインによってはカスタム投稿の記事IDを入力する場面もありますが、同じように調べましょう。

たとえば、予約プラグインのMTS Simple Booking Cでは予約カレンダーを表示するために「ID」の入力が必要です。予約品目の編集画面を開いてアドレスバーから「post=99999」の数字を見つけましょう。

カテゴリーIDを調べる

カテゴリーIDを調べるには「投稿」‐「カテゴリー」メニューから、IDを調べたいカテゴリーの編集画面を開きます。アドレスバーのURLのうち「tag_ID=99999」の数字がカテゴリーIDです。

カテゴリーIDを調べる

カテゴリーIDを調べる

記事IDを取得・表示する命令

テンプレートの中で記事IDを取得して使いたい場合はthe_IDget_the_IDという命令を使います。the_ID関数は記事IDを画面に表示、get_the_ID関数は記事IDを変数に返します。参考にしてください。

WordPressでお困りのときはご相談を
細かい質問からCSSやPHPのカスタマイズ、トラブル対応まで、この記事を書いた西沢直木が直接、WordPress個別サポートで対応します。
WordPress個別サポートの特徴
  • 最短で本日中に問題解決できます
  • 見積もり無料・料金は終了後の後払いです
  • 銀座教室・スカイプ・出張またはメールで対応します
カスタマイズがうまくいかないときは
お急ぎのときはWordPressメールサポートで対応します。ご活用ください。
こんなときはご相談ください(相談・見積もり無料)
  • サイトのデザインをカスタマイズしたい
  • CSS・PHPのカスタマイズがうまくいかない
  • 引っ越し(サーバー移転)したい
  • サイトをSSL対応(https://)したい
WordPress講座の問い合わせ先
WordPress講座申し込み
メールで問い合わせ

関連記事

スポンサーリンク