WordPress個別サポート

WordPressでエラーが発生したときは画面に表示されるエラーメッセージが問題の解決に役立ちますが、「HTTP 500 内部サーバーエラー」としか表示されないことがあります。または画面が真っ白になることもあります。

エラー原因が表示されない

エラー原因が表示されない

これは不親切なのではなく、セキュリティを考慮して不要な情報を悪意のあるユーザーに与えないという配慮です。

問題の原因を特定するためにエラーメッセージを表示するには、wp-config.phpのWP_DEBUGをtrueに設定します。

define('WP_DEBUG', true);

この項目が存在しないときは、wp-config.phpの適当な場所に上記の記述を追加してください。

これにより、WordPressがエラーの詳細情報を表示するモード(デバッグモード)になり、エラーメッセージが表示されるようになります。

エラーメッセージが表示される

エラーメッセージが表示される

エラーが解決したら、この項目をfalseに戻すのを忘れないようにしましょう。

この記事をSNSで共有する
WordPressでお困りのときはご相談を
この記事を書いた西沢直木が直接、WordPress個別サポートで対応します。
こんなときはご相談を
  • WordPressの使い方(ページやメニューの作り方を教えてほしい)
  • カスタマイズ(機能の追加やデザイン調整をお願いしたい)
  • トラブル対応(画面真っ白・「ログインできない」を解決したい)
マンツーマンなので相談内容は自由です。いただいた課題をその場で解決、CSSやPHPも目の前で修正します。気軽にご相談ください。
WordPress講座の問い合わせ先

関連記事

BizVektorのカスタマイズ

WordPressカスタマイズ

WordPressによるサイト作成のヒント

WordPressプラグイン

スポンサーリンク
西沢直木によるWordPress講座の紹介
ホームページ作成講座WordPress個別サポート