WordPress個別サポート

WordPressプラグイン「PriPre」は、投稿から出版用のPDFや電子出版用のePubファイルを作成できるプラグインです。

つまり、WordPressでコツコツと作成してきた投稿を本にして出版できるということです。

リアルな紙の本にできるかどうかは別にして、ePubファイルが作成できれば、mobiファイルに変換してkindleで読むなり、販売するなり、夢のふくらむ話です。

しかも、「EPUBをダウンロード」ボタンをクリックすれば、すぐにePubファイルが作成されます。WordPressの中で投稿をきちんとメンテナンスしておけば、まさにリアルタイムに近い形で出版できるということです。

今すぐ、実際のWordPressサイトにPriPreインストールしてみようという方へ。1つだけ注意があります。

インストール直後は、各投稿にPDF出力メニューが表示されます。

デフォルトではPDF出力メニューが表示される

デフォルトではPDF出力メニューが表示される

サイト閲覧者の中には「ん?」と思ってしまう方もいるでしょうから、「PriPre」メニューでPDF変換ボタンのチェックをはずしておくと良いでしょう。

PDF変換ボタンを無効に

PDF変換ボタンを無効に

ePubファイルの作成は、「出版ツール」メニューでカテゴリを選択して「EPUBをダウンロード」ボタンをクリックするだけです。ePub対応の閲覧ツールで読むこともできますが、amazonが提供するKindle Previewerや、KindleGenを使えば、Kindleの書籍データ形式でもあるmobiファイルに変換することができます。

KindleGenはコマンドラインベースのツールです。気軽に変換するなら、Kindle Previewerの方が便利です。

Kindle Previewerを起動して、ePubファイルを開きます。

Kindle PreviewerでePubを開く

Kindle PreviewerでePubを開く

変換が完了すると、mobiファイルが作成されます。ここで、「OK」ボタンをクリックすると電子書籍が表示されますが、どうも私の環境だけなのか、フリーズが多発するので、「OK」ボタンをクリックせずに、右上の「×」ボタンをクリックした方が無難です。

ただし、「×」ボタンをクリックすると、mobiが削除されるので、「×」ボタンをクリックする前にkindleに転送(kindleのdocumentsディレクトリにコピー)したり、コピーしておくと良いです。少し面倒ですが。

こんな感じで、WordPressの投稿からボタンクリックでePubを作成し、あっという間にKindle Previewerでmobiの作成まで完了することができます。

そのまま販売できるかどうかは別にして、形式上は、WordPressの投稿が完結していれば、簡単な操作で電子書籍の販売まで可能ということです。

日本の電子書籍マーケットの可能性には、悲観的な見方が少なくありませんが、WordPressというコンテンツ入力のプラットフォームと、スマホ、kindleなど、コンテンツ出力のプラットフォームは、ますますユーザーが増えていくことは間違いありません。

そして、入力と出力をつなぐプラグインによって、これだけ“出版”までの敷居が低くなると、悲観的な見方を吹き飛ばす、かなり大きな可能性があるように感じるのは、私だけではないでしょう。

この記事をSNSで共有する
WordPressでお困りのときはご相談を
この記事を書いた西沢直木が直接、WordPress個別サポートで対応します。
こんなときはご相談を
  • WordPressの使い方(ページやメニューの作り方を教えてほしい)
  • カスタマイズ(機能の追加やデザイン調整をお願いしたい)
  • トラブル対応(画面真っ白・「ログインできない」を解決したい)
マンツーマンなので相談内容は自由です。いただいた課題をその場で解決、CSSやPHPも目の前で修正します。気軽にご相談ください。
WordPress講座の問い合わせ先

関連記事

BizVektorのカスタマイズ

WordPressによるサイト作成のヒント

WordPressプラグイン

スポンサーリンク
西沢直木によるWordPress講座の紹介
ホームページ作成講座WordPress個別サポート