ダッシュボードの投稿一覧・固定ページ一覧では、投稿や固定ページのタイトル、作成者、カテゴリー、タグ、コメント数、投稿日時などが表示されます。

投稿一覧の各項目

投稿一覧の各項目

スポンサーリンク

投稿一覧の表示項目のカスタマイズ

不要な項目を非表示にする場合は、フィルターフックmanage_posts_columnsをカスタマイズします。次のコードをfunctions.phpに記述すると、投稿者名が削除されます。

function my_manage_posts_columns($columns) {
    unset($columns['author']);
    return $columns;
}
add_filter('manage_posts_columns', 'my_manage_posts_columns');

これにより、投稿一覧から投稿者名が消えます。

投稿一覧から投稿者名が消える

投稿一覧から投稿者名が消える

投稿者名を含めて、投稿一覧の全項目を削除するコードは次のとおりです。「//」を削除してコメントを解除すれば、その項目は非表示になります。

function my_manage_posts_columns($columns) {
    // unset($columns['cb']); // チェックボックス
    // unset($columns['title']); // 投稿タイトル
    // unset($columns['author']); // 投稿者名
    // unset($columns['categories']); // カテゴリ
    // unset($columns['tags']); // タグ
    // unset($columns['comments']); // コメント
    // unset($columns['date']); // 投稿日時
    return $columns;
}
add_filter('manage_posts_columns', 'my_manage_posts_columns');

固定ページ一覧の表示項目のカスタマイズ

固定ページ一覧の表示項目を制御するには、manage_posts_columnsの代わりにmanage_pages_columnsを使います。

次のコードは、functions.phpに記述してコメントを解除した項目が非表示になります。ここでは、作成日時が表示されなくなります。

function my_manage_pages_columns($columns) {
    // unset($columns['cb']); // チェックボックス
    // unset($columns['title']); // タイトル
    // unset($columns['author']); // 作成者名
    // unset($columns['comments']); // コメント
    unset($columns['date']); // 作成日時
    return $columns;
}
add_filter( 'manage_pages_columns', 'my_manage_pages_columns' );
固定ページ一覧から作成日時を削除

固定ページ一覧から作成日時を削除

この記事をSNSで共有する
WordPressでお困りのときはご相談を
この記事を書いた西沢直木が直接、WordPress個別サポートで対応します。
WordPressの使い方・カスタマイズ・トラブル対応など、ご相談ください。
お問い合わせはこちらから
【対応料金の見積もりは無料です】
wordpress講座受講予約
WordPress講座の問い合わせ先

関連記事

スポンサーリンク