WordPress個別サポート

WordPressでは、投稿や固定ページに半角で入力したシングルクォーテーション「'」やダブルクォーテーション「"」は、画面に表示されるときに全角「‘」「’」「“」「”」に変換されます。

半角でシングルクォーテーションを入力する

半角でシングルクォーテーションを入力する

上記のように半角で入力したシングルクォーテーションは画面に表示されると全角になります。

画面表示は全角になる

画面表示は全角になる

見た目に違和感はないので、記事を読むだけなら問題ありませんが、プログラムコードなど、そのままコピーして使ってもらう場合には不都合です。

画面のコードをコピーしてエディタにペーストすると、シングルクォーテーションが全角になってしまい、そのままでは使えません。

そのままでは使えないコード

そのままでは使えないコード

これは、WordPressのコア機能のwptexturize関数によって、半角のシングルクォーテーションやダブルクォーテーションなどが全角に変換されるようになっているためです。

※この機能は、wp-includes\formatting.phpに定義されています。

この機能を無効にすることで、半角のシングルクォーテーションやダブルクォーテーションなどをそのまま半角で画面に表示することができます。

たとえば、次のコードをfunctions.phpに記述すれば、記事のタイトル、本文、抜粋が半角→全角変換の影響を受けなくなります。

remove_filter('the_title', 'wptexturize');
remove_filter('the_content', 'wptexturize');
remove_filter('the_excerpt', 'wptexturize');

コードを記述した後、画面に表示された投稿のコードをエディタにペーストすると、半角のシングルクォーテーションは半角のままペーストされます。

シングルクォーテーションは半角のまま

シングルクォーテーションは半角のまま

投稿が画面に表示されるときに、半角から全角への自動変換の影響を受けていないことがわかります。

※1行目は全角に変換されたときのコードです。

この記事をSNSで共有する
スポンサーリンク
WordPressでお困りのときはご相談を
細かい質問からCSSやPHPのカスタマイズ、トラブル対応まで、この記事を書いた西沢直木が直接、WordPress個別サポートで対応します。
WordPress個別サポートの特徴
  • 最短で本日中に問題解決できます
  • 見積もり無料・料金は終了後の後払いです
  • 銀座教室・スカイプ・出張またはメールで対応します
トラブル解決でお急ぎのときは
お急ぎのときはWordPressメールサポートで対応します。ご活用ください。
こんなときはご相談ください(相談・見積もり無料)
  • ログインできなくなった
  • 画面が真っ白(500エラー)になった
  • 間違ってサイトを消してしまった
  • 引っ越し・SSL対応がうまくいかない
  • CSS・PHPのカスタマイズがうまくいかない
WordPress個別サポートの連絡先

WordPress個別サポートへの問い合わせWordPress個別サポートの申し込み

関連記事

スポンサーリンク