WordPress個別サポート

画面スクロール時にヘッダーやフッターを固定したいときもあります。Twenty Fourteenのようにヘッダーがシンプルな場合は、スクロールしても常にヘッダーやフッターが表示されていても邪魔にならないでしょう。

以下、Twenty Fourteenを例にヘッダーとフッターを固定するCSSの例を紹介します。

/* ヘッダー固定 */
.site-header {
    position: fixed;
    top: 0;
    left: 0;
    width: 100%;
    height: 48px;
}

/* フッター固定 */
.site-footer {
    position: fixed;
    bottom: 0;
    left: 0;
    width: 100%;
    height: 48px;
}

動作イメージは次のようになります。

その他のテーマでは微調整(というより、かなりの調整)が必要な場合があります(bodyタグに対するpadding指定など)が、基本的にはヘッダーやフッターのCSSセレクタを指定してpositionをfixedにすれば、そのパーツが固定される仕組みです。

ふわっと仕上げなのでブラウザによっては上手くいかないことも考えられますが、参考にしてください。

WordPressでお困りのときはご相談を
細かい質問からCSSやPHPのカスタマイズ、トラブル対応まで、この記事を書いた西沢直木が直接、WordPress個別サポートで対応します。
WordPress個別サポートの特徴
  • 最短で本日中に問題解決できます
  • 見積もり無料・料金は終了後の後払いです
  • 銀座教室・スカイプ・出張またはメールで対応します
カスタマイズ・トラブル対応でお急ぎのときは
「カスタマイズがうまくいかない」「突然トラブルが発生した!」などでお急ぎのときはWordPressメールサポートで対応します。ご活用ください。
WordPress講座の問い合わせ先
WordPress講座申し込み
メールで問い合わせ

関連記事

記事はありませんでした

スポンサーリンク