WordPress個別サポート

WordPressで投稿を入力するときにテキストエディタを使う場合、次のように改行タグ(br)や段落タグ(p)を入力することもありますが、あるタイミングでこれらのタグが消えてしまうことがあるので、その原因と対策を紹介します。

テキストエディタで文章を改行したり段落に設定する

テキストエディタで文章を改行したり段落に設定する

上記のように入力した記事は通常、公開しても特に問題なく表示されます。

記事は問題なく表示される

記事は問題なく表示される

問題はここからです。入力内容をビジュアルエディタで確認します。

ビジュアルエディタに切り替えて…

ビジュアルエディタに切り替えて…

その後、もう一度テキストエディタに切り替えると、最初に入力した改行タグや段落タグが消えています。

改行タグや段落タグが消える

改行タグや段落タグが消える

つまり、「テキストエディタ → ビジュアルエディタ → テキストエディタ」と切り替えたタイミングで改行タグや段落タグが消えてしまいます。

この文章はサンプルなので大問題には見えませんが、改行タグと段落タグでテキストエディタに入力する文章をキッチリ整形している場合は、「なんじゃこりゃ!?」とビックリするかもしれません。

スポンサーリンク

WordPressテーマ「LOTUS (TCD039)」

とりあえずの解決は「保存せずに逃げる」

この場合、改行タグや段落タグが消えてしまった状態を保存(更新)せずに、とりあえず別のメニューに逃げましょう。

具体的には、テキストエディタの状態から「投稿」‐「投稿一覧」メニューなどをクリックします。

とりあえず「投稿一覧」をクリック

とりあえず「投稿一覧」をクリック

改行タグや段落タグが消えてしまった投稿をもう一度開けば、元の状態に戻るはずです。

改行タグや段落タグが元通りに

改行タグや段落タグが元通りに

抜本的な解決にはTinyMCE Advancedプラグインをインストール

いつも上記のような対応をするのは面倒でしょうから、テキストエディタに切り替えてHTMLタグ(特にpタグやbrタグ)を自由に編集するには、タグを保持する必要があります。それには、TinyMCE Advancedプラグインが役立ちます。

TinyMCE Advancedプラグインのインストール

TinyMCE Advancedプラグインのインストール

「設定」‐「TinyMCE Advanced」メニューで「段落タグの保持」をチェックします。

「段落タグの保持」をチェック

「段落タグの保持」をチェック

これで、ビジュアルエディタとテキストエディタを切り替えても空白行や行頭の空白が消えないようになります。

ビジュアルエディタで改行されたり改行して1行空く仕組みについて詳しくは、以下のページをご覧ください。

ビジュアルエディタの改行の仕組み、理解してますか?

この記事をSNSで共有する
WordPressでお困りのときはご相談を
この記事を書いた西沢直木が直接、WordPress個別サポートで対応します。
こんなときはご相談を
  • WordPressの使い方(ページやメニューの作り方を教えてほしい)
  • カスタマイズ(機能の追加やデザイン調整をお願いしたい)
  • トラブル対応(画面真っ白・「ログインできない」を解決したい)
マンツーマンなので相談内容は自由です。いただいた課題をその場で解決、CSSやPHPも目の前で修正します。気軽にご相談ください。
WordPress講座の問い合わせ先

関連記事

BizVektorのカスタマイズ

WordPressカスタマイズ

WordPressによるサイト作成のヒント

WordPressプラグイン

スポンサーリンク
西沢直木によるWordPress講座の紹介
ホームページ作成講座WordPress個別サポート