「特定のページ専用のウィジェット」や「投稿だけに表示するウィジェット」「管理者専用のウィジェット」「ログインしていないユーザー向けのメッセージ」など、条件に応じてウィジェット表示を切り替えたいことがあります。 そんな作業を簡単にできるのがJetpackプラグインの「ウィジェット表示管理」です。たとえば、「会社概要ページのみに表示したいウィジェット」などを簡単に設定することができます。 以下、Jetpackプラグインのウィジェット表示管理について簡単に紹介します。 Jetpackのウィジェット表示管理を使用可能に 「Jetpack」‐「設定」メニューで「Appearance」タブを開きます。 「 ...

Contact Form 7で作成する問い合わせフォームはサイドバーに設置することもできます。基本的にはショートコードを ...

サイドバーなどのウィジェットに画像と文章をレイアウトしたい場合、いくつかの方法があります。たとえば、「テキスト」ウィジェ ...

WordPressでシンプルなテーマを使っているとフッターがウィジェット対応ではないこともあります。必ずしも必要ではあり ...

「BizVektorで画面右上の連絡先を画像に変更する」 BizVektorに親しんだ方にはおなじみのカスタマイズです。 ...

WordPressで作成する投稿のカテゴリーが膨大になると、サイドバーに一覧表示したときに見づらくなる場合があります。た ...

通常はウィジェットにショートコードを入力しても機能しません。たとえば、テキストウィジェットに次のようにショートコードを入 ...

カスタマイズ・トラブル対応でお急ぎのときは
「カスタマイズがうまくいかない」「突然トラブルが発生した!」などでお急ぎのときはWordPressメールサポートで対応します。ご活用ください。

WordPress講座の問い合わせ先
WordPress講座申し込み
メールで問い合わせ
スポンサーリンク