WordPress個別指導・カスタマイズ・トラブル対応
WordPressの使い方

ビジュアルエディタ

WordPress個別サポート

WordPressでビジュアルエディタとテキストエディタの切り替えができない場合があります。その原因と対策を説明します。また、合わせて行っておいた方が良い作業も紹介します。

Excelで作成した表はWordPressに貼り付けて使うことができます。ただし、Excelで設定した枠線や色などのスタイルが引き継がれない場合があるのでCSSを記述して調整する方法を紹介します。仕上がりイメージは次のよ ...

遅いサイトは集客にも影響が出ます。お悩みの方はぜひ、「ConoHa WING」をお試しください。私も使ってますが「国内最速レンタルサーバー」という噂どおりWordPressのダッシュボードもサクサク動くので感動です。

スポンサーリンク

サイドバーなどのウィジェットに画像と文章をレイアウトしたい場合、いくつかの方法があります。たとえば、「テキスト」ウィジェットを使うと、任意の文章や画像をサイドバーウィジェットに表示できますが作業が少し面倒です。そんなときはBlack Studio TinyMCE Widgetプラグインが役立ちます。ビジュアルエディタやテキストエディタを使ってウィジェットを編集することができます。

カスタムフィールドは便利ですが初期設定の入力欄は使いづらいかもしれません。次のように純粋なテキストエリアで文章や画像を編集する必要があるからです。次の例では、クイズの答えをカスタムフィールドに入力していますが長くなると編 ...

ビジュアルエディタで入力した文章を改行するときはEnterキーを押したり、Shiftキーを押しながらEnterキーを押すと思います。見た目のイメージでは1行空くか空かないかの違いですが、実際は1行空いているわけではありません。その仕組みを理解すれば、ビジュアルエディタの使用中に起きるトラブルの解決にも役立ちます。

記事や固定ページを作るときは、Wordなどにメモ書きしておいた内容をコピーペーストすることもあります。ところが、Wordからビジュアルエディタにコピーペーストした文章の行間が開きすぎてしまう場合があります。ここでは対策を紹介します。

画像と文章を並べる

WordPressの編集画面で画像の回り込みを解除できるTinyMCE Clear Floatプラグインを紹介します。旧バージョンのTinyMCE Clearプラグインからボタンが少し変わっています。参考にしてください。 ...

カスタマイズ・トラブル対応でお急ぎのときは
「カスタマイズがうまくいかない」「突然トラブルが発生した!」などでお急ぎのときはWordPressメールサポートで対応します。ご活用ください。
スポンサーリンク

最近の投稿

最近の投稿

その他の記事を読む
(記事総数:629本) 
  • twitter
ロリポップ 「ハイスピードプラン」
SSD+LiteSpeedの高速サーバー
Lightning Proの便利機能を紹介!
スマホ固定メニュー・投稿一覧…
LP作成の 「Danganページビルダー」
LPを組み立てるように作れます。

お困りのときはご相談ください

ホームページ作成講座 WordPress個別サポート WordPressメールサポート
wordpress講座受講予約
西沢直木のIT講座
PAGETOP