カスタムフィールドを出力するにはPHPのコードを記述する必要があります。ここでは、Advanced Custom Fieldsプラグインで作成した定番のカスタムフィールドを画面に表示する例で説明します。 具体的には3種類のカスタムフィールドを取り上げます。 この記事で説明するカスタムフィールド テキストフィールド --- 文字を入力するフィールド 画像フィールド --- 画像をアップロードするフィールド ファイルフィールド --- ファイルをアップロードするフィールド 表示イメージは次のようになります。イベント情報の記事の中で3種類のカスタムフィールドを使っています。 出力するカスタムフィール ...

カスタムフィールドは便利ですが初期設定の入力欄は使いづらいかもしれません。次のように純粋なテキストエリアで文章や画像を編 ...

WordPressでカテゴリーページに別々の画像を表示したいこともあります。カスタムフィールドを使う方法もありますがCa ...

WordPressで使える「3つのカスタム」、ご存じですか?カスタムフィールド、カスタム投稿タイプ、カスタムタクソノミー ...

get_categories関数を使ってカテゴリーを一覧表示するときに好きな順番で並べ替える方法を紹介します。カテゴリー ...

カテゴリーごとの投稿を一覧表示するカテゴリーページには、タイトルと投稿一覧は表示されますが、「カテゴリー画像」は表示され ...

「カスタム投稿タイプは何に役立つのでしょうか?」 WordPress入門から少し時間がたった方からよく質問を受けます。 ...

カスタマイズ・トラブル対応でお急ぎのときは
「カスタマイズがうまくいかない」「突然トラブルが発生した!」などでお急ぎのときはWordPressメールサポートで対応します。ご活用ください。

WordPress講座の問い合わせ先
WordPress講座申し込み
メールで問い合わせ
スポンサーリンク