WordPress個別サポート

WordPress 4.0では英語版のWordPressをインストールしようとすると、最初に言語選択画面が表示されます。

言語選択(WordPress 4.0)

言語選択(WordPress 4.0)

日本語版のWordPressでは、この画面は表示されません。

これにより、英語版のWordPressをダウンロードした場合でも、インストール時に日本語版(言語ファイル)をインストールすることができます。

インストールの完了後、ダッシュボードの「設定」‐「一般」メニューの「サイトの言語」にて言語設定を確認、変更することができます。

サイトの言語設定の確認

サイトの言語設定の確認

英語版に切り替えることもできます。

英語版にも切り替えられる

英語版にも切り替えられる

言語設定はwp_optionsテーブルで管理されます。以下は日本語版だということです。英語版に切り替えると、「WPLANG」のoption_valueが空になります。

wp_optionsテーブルに格納された言語設定

wp_optionsテーブルに格納された言語設定

旧バージョンからアップデートするとwp_optionsテーブルに上記のデータが追加されます。

wp-config.phpでおなじみの以下の言語設定「WPLANG」は不要になりました。

define('WPLANG', 'ja');

試しにこの設定をWordPress 4.0のwp-config.phpに記述してみるとダッシュボードの「サイトの言語」に「wp-config.phpファイル内のWPLANG定数は不要になった」という警告メッセージが表示されます(wp_optionsテーブルの設定と同じ場合は警告は表示されない)。

「WPLANGは不要」と警告が表示される

「WPLANGは不要」と警告が表示される

この記事をSNSで共有する
WordPressでお困りのときはご相談を
この記事を書いた西沢直木が直接、WordPress個別サポートで対応します。
こんなときはご相談を
  • WordPressの使い方(ページやメニューの作り方を教えてほしい)
  • カスタマイズ(機能の追加やデザイン調整をお願いしたい)
  • トラブル対応(画面真っ白・「ログインできない」を解決したい)
マンツーマンなので相談内容は自由です。いただいた課題をその場で解決、CSSやPHPも目の前で修正します。気軽にご相談ください。
WordPress講座の問い合わせ先

関連記事

BizVektorのカスタマイズ

WordPressによるサイト作成のヒント

WordPressプラグイン

スポンサーリンク
西沢直木によるWordPress講座の紹介
ホームページ作成講座WordPress個別サポート