WordPress個別サポート

WordPressを使っていると状況によってはダッシュボードから編集できないファイルを開くこともあります。たとえば、設定ファイル(wp-config.php)にコードの追加が必要なときです。

FTPソフトウェアを使っている方は大丈夫ですが、まだインストールしていない方はレンタルサーバーのFTPツールを使うと良いでしょう。

エックスサーバーのファイルマネージャ

エックスサーバーのファイルマネージャ

機能はレンタルサーバーによって異なりますが、一般的には、

  • ファイルの編集
  • ファイルのアップロード・ダウンロード
  • フォルダやファイルの作成・削除
  • フォルダやファイルの移動・コピー
  • ファイルやフォルダのパーミッションの変更

などを行うことができます。

たとえば、functions.phpの修正を間違えてダッシュボードにアクセスできなくなった場合は、すかさずレンタルサーバーのファイルマネージャやFTPツールからfunctions.phpを開いて直すというわけです。

また、BizVektorのスタイルシート(例:bizvektor_themes\plain\plain.css)など、内容を解析しようと思ってもダッシュボードから開けない階層のファイルもあるので、ちょっとしたカスタマイズにもFTPツールは欠かせません。

以下、主なレンタルサーバーのFTPツールを開くためのメニューをまとめます。レンタルサーバーのFTPツールならブラウザからアクセスできるので、難しく考えずに、万が一のときに備えてメニューくらいは確認しておきましょう。

  • さくらインターネット
    サーバコントロールパネルから「ファイルマネージャー」をクリックします。
    さくらインターネットのファイルマネージャへ

    さくらインターネットのファイルマネージャへ

    ※さくらインターネットのファイルマネージャでは、編集後に「保存」ボタンがアクティブ(押せる状態)にならない場合があります。その場合、適当に文字を入力して削除するなどして「編集しました」と認識してもらうと「保存」ボタンをクリックできるようになります。

  • エックスサーバー
    インフォパネルから「ファイルマネージャ」の「ログイン」をクリックします。
    エックスサーバーのファイルマネージャへ

    エックスサーバーのファイルマネージャへ

    ※編集するときはファイル名をクリックするのではなく、ファイル名の隣のチェックボックスをオンにして画面上の「編集」ボタンをクリックします。

  • ロリポップ
    ユーザー専用ページから「Webツール」-「ロリポップ!FTP」をクリックします。
    ロリポップのFTPツールへ

    ロリポップのFTPツールへ

    設定ファイル(wp-config.php)は書き込みできないように設定(ファイル属性:400)されている(1)ので編集する場合は、「書込」(2)をチェックして画面下の「保存する」ボタンをクリックすることでファイル属性を「読み書き可能」に変更する必要があります。

    パーミッションの変更

    パーミッションの変更

    属性を「読み書き可能」に変更すると次のようになります。
    ファイル属性の変更後

    ファイル属性の変更後

    ※セキュリティを考慮して設定の変更が終わった後に「書込」のチェックをはずしてファイル属性を「400」に戻しておくと安全です。

  • ヘテムル
    コントロールパネルメニュー上の「heteml FTP」をクリックします。
    ヘテムルのFTPツールへ

    ヘテムルのFTPツールへ

この記事をSNSで共有する
WordPressでお困りのときはご相談を
この記事を書いた西沢直木が直接、WordPress個別サポートで対応します。
こんなときはご相談を
  • WordPressの使い方(ページやメニューの作り方を教えてほしい)
  • カスタマイズ(機能の追加やデザイン調整をお願いしたい)
  • トラブル対応(画面真っ白・「ログインできない」を解決したい)
マンツーマンなので相談内容は自由です。いただいた課題をその場で解決、CSSやPHPも目の前で修正します。気軽にご相談ください。
WordPress講座の問い合わせ先

関連記事

BizVektorのカスタマイズ

WordPressカスタマイズ

WordPressによるサイト作成のヒント

WordPressプラグイン

スポンサーリンク
西沢直木によるWordPress講座の紹介
ホームページ作成講座WordPress個別サポート