WordPress個別サポート
スポンサーリンク

WordPressテーマ「LOTUS (TCD039)」

できれば初期費用だけで済ませたいが…

ホームページ作成を依頼する場合、完成したときに数万円~数十万円を支払うのが典型的な料金体系です。

ところが現在、月額数千円~数万円を支払う形でホームページを作成する業者も増えてきています。

これは、WordPressなどを使った「ブログ型ホームページ」としてホームページ作成サービスを提供する業者に多い料金体系です。

依頼者の中には、ホームページを作ってもらうのに月額費用を支払うのを好まない方もいます。完成したときにすべての費用を支払ってしまいたいということです。

そのような方は、

ブログ型ホームページは“ページ”ではなく“システム”

一般的なホームページ(HTMLファイルを1ページずつ作る)の場合、完成したホームページ全体を貴社(依頼者)に納品すれば、作成業者の作業はほぼ終了です。

作成料金としては、この時点でまとまった金額を支払う方がスッキリする体系と言えます。

これに対して、WordPressで作ったブログ型ホームページは、数ページのHTMLファイルで構成されるわけではなく、データベースに格納された記事や会社概要を自動的にページのように見せているのです。

WordPressなどは、CMS(コンテンツ管理システム)ともよばれ、ホームページというより、ホームページの内容を管理する“システム”です。

つまり、ブログ型ホームページを作ってもらうというのは、そのようなシステムを使わせてもらうということです。

内容が固定のページをレンタルサーバーに置きっぱなしにしておくのと違い、日々、システムを使い続けていることになります。

したがって、ブログ型ホームページを作ってもらう場合は、完成時にまとまった制作費を支払うというより、日々、システムを使うための料金を月額で支払うという体系の方が多くなります。

初期費用だけで済まそうとすると、結局高くつく

どうしてもブログ型ホームページの完成時に一定金額を支払ってしまいたい場合、WordPressシステム自体を自分で借りているレンタルサーバーで管理する方法があります。

ただし、WordPressについて理解していないと、テンプレートを壊したり、データやドメイン名を直し間違えてホームページの表示に支障が出ることにもなります。

結局、誰かにサポートしてもらうことを考えると、ブログ型ホームページは月額で料金を支払うと考えておいた方が良いでしょう。

[wps]
この記事をSNSで共有する
WordPressでお困りのときはご相談を
この記事を書いた西沢直木が直接、WordPress個別サポートで対応します。
こんなときはご相談を
  • WordPressの使い方(ページやメニューの作り方を教えてほしい)
  • カスタマイズ(機能の追加やデザイン調整をお願いしたい)
  • トラブル対応(画面真っ白・「ログインできない」を解決したい)
マンツーマンなので相談内容は自由です。いただいた課題をその場で解決、CSSやPHPも目の前で修正します。気軽にご相談ください。
WordPress講座の問い合わせ先

関連記事

BizVektorのカスタマイズ

WordPressカスタマイズ

WordPressによるサイト作成のヒント

WordPressプラグイン

スポンサーリンク
西沢直木によるWordPress講座の紹介
ホームページ作成講座WordPress個別サポート