WordPress個別サポート

投稿や固定ページの中で最新記事や指定カテゴリーの記事を一覧表示したいこともあります。たとえば、トップページにある「最新の投稿」は定番のパーツでしょう。そのような記事の一覧表示に役立つプラグインをいくつか紹介します。

スポンサーリンク

WordPressテーマ「LOTUS (TCD039)」

Post List Generatorプラグイン

インストール後、「設定」‐「Post List 設定」メニューで必要に応じて設定を行い、コピーしたショートコード[showpostlist]をトップページにペーストします。

トップページに次のように最新記事が一覧表示されます。

最新記事の一覧(Post List Generatorプラグイン)

最新記事の一覧(Post List Generatorプラグイン)

※「最新の投稿」はショートコードの直前に入力したh2タグの見出しです。
※用途はトップページだけに限りません。

表示するカテゴリーのスラッグも指定できるので、「お知らせ」のみをトップページに一覧表示させることもできるでしょう。

Post Listプラグイン

インストール後、トップページにショートコード[postlist]を入力すると、最新記事が一覧表示されます。

最新記事の一覧(Post Listプラグイン)

最新記事の一覧(Post Listプラグイン)

次のようにカテゴリーやタグも指定できます。使い方は、「プラグイン」‐「インストール済みプラグイン」メニューから「Post List」の「編集」をクリックして「post-list/readme.txt」を開くと参照できます。

▼使い方の例
[postlist cat="cat1,cat2" tags="tag1,tag2,tag3" requesttype="1"]

post-list/postlist.phpを開くとプラグインのコードを参照できますが、非常にシンプルなのでレイアウトのカスタマイズもそれほど難しくないでしょう。データベースから最新記事を取得して箇条書きのulタグとliタグを混ぜながら表示している仕組みです。WordPressデータベース処理の学習用にも良いかもしれません。

get_the_post_thumbnail関数などと組み合わせればアイキャッチ画像付きの投稿一覧もできます。

List category postsプラグイン

インストール後、トップページに次のショートコードを入力することで、最新記事を一覧表示することができます。

カテゴリーのスラッグを指定することもできます。

表示件数を指定することもできます。

たとえば、最新記事は次のように表示されます。

最新記事の一覧(List category postsプラグイン)

最新記事の一覧(List category postsプラグイン)

この記事をSNSで共有する
WordPressでお困りのときはご相談を
この記事を書いた西沢直木が直接、WordPress個別サポートで対応します。
こんなときはご相談を
  • WordPressの使い方(ページやメニューの作り方を教えてほしい)
  • カスタマイズ(機能の追加やデザイン調整をお願いしたい)
  • トラブル対応(画面真っ白・「ログインできない」を解決したい)
マンツーマンなので相談内容は自由です。いただいた課題をその場で解決、CSSやPHPも目の前で修正します。気軽にご相談ください。
WordPress講座の問い合わせ先

関連記事

BizVektorのカスタマイズ

WordPressによるサイト作成のヒント

WordPressプラグイン

スポンサーリンク
西沢直木によるWordPress講座の紹介
ホームページ作成講座WordPress個別サポート