WordPress個別サポート

WordPressのインストール時に「サーバが見つかりませんでした」と表示されることがあります。原因の1つに、作成直後のサブドメインを使おうとしていることが考えられます。

さくらインターネットに限りませんが、サブドメインは、作成してから使用可能になるまで時間がかかる場合があります。

たとえば、さくらインターネットで作成した直後のサブドメインに、コントロールパネルの「クイックインストール」でWordPressをインストールしたときに、WordPressの設定に進もうとすると、

アプリケーションの設定へ進むと…

アプリケーションの設定へ進むと…

次のようなエラーメッセージが表示されて先に進めない場合があります。

サーバが見つかりませんでした

サーバが見つかりませんでした

これを回避する裏技は、次のURLにアクセスする方法です。

http://初期ドメイン名/サブドメインのフォルダ名/WordPressインストール先

簡単に言えば、作ったばかりのサブドメインに直接アクセスするのではなく、初期ドメインの「サブディレクトリ」としてアクセスするということです。

たとえば、

  • 初期ドメイン名:http://hp555.sakura.ne.jp/
  • サブドメインのフォルダ名:wordpress.websozai.jp
  • WordPressのインストール先:wp

の場合は

http://hp555.sakura.ne.jp/wordpress.websozai.jp/wp/

というアドレスにアクセスすれば、WordPressのインストールに進むことができます。

初期ドメイン名でWordPressのインストール画面が表示される

初期ドメイン名でWordPressのインストール画面が表示される

これでWordPressのダッシュボードにもログインでき、作業できるようになりますが、サブドメインにアクセスできるようになった段階で、「設定」‐「一般」メニューでWordPressのアドレス、サイトのアドレスを変更しましょう。

サブドメインが有効になってから変更する部分

サブドメインが有効になってから変更する部分

アドレスの変更後

アドレスの変更後

スポンサーリンク

WordPressテーマ「LOTUS (TCD039)」

サブドメインのフォルダ名とは

サブドメインのフォルダ名は、サブドメインを作成したときに設定したフォルダ名です。

コントロールパネルの「ドメイン設定」メニューで一覧表示したドメインの「パス」(1)で確認できます。

ドメインのフォルダ名

ドメインのフォルダ名

サブドメインに直接アクセスできるようになるまでは、初期ドメイン名(2)+サブドメインのフォルダ名(1)というアドレスでアクセスするということです。コピーしてアドレスを組み立ててください。

WordPressのインストール先とは

WordPressのインストール先とは、「クイックインストール」メニューでWordPressをインストールしたときに指定したフォルダ名(ここでは「wp」)です。

WordPressのインストール先

WordPressのインストール先

これらの情報から

http://初期ドメイン名/サブドメインのフォルダ名/WordPressインストール先

というアドレスを組み立ててアクセスして、サブドメインの「サーバが見つかりませんでした」を回避することができます。

この記事をSNSで共有する
WordPressでお困りのときはご相談を
この記事を書いた西沢直木が直接、WordPress個別サポートで対応します。
こんなときはご相談を
  • WordPressの使い方(ページやメニューの作り方を教えてほしい)
  • カスタマイズ(機能の追加やデザイン調整をお願いしたい)
  • トラブル対応(画面真っ白・「ログインできない」を解決したい)
マンツーマンなので相談内容は自由です。いただいた課題をその場で解決、CSSやPHPも目の前で修正します。気軽にご相談ください。
WordPress講座の問い合わせ先

関連記事

BizVektorのカスタマイズ

WordPressカスタマイズ

WordPressによるサイト作成のヒント

WordPressプラグイン

スポンサーリンク
西沢直木によるWordPress講座の紹介
ホームページ作成講座WordPress個別サポート