WordPress個別サポート

WordPressサイトを運用するドメインには、

wordpress@ドメイン名

というメールアドレスを登録しておくと便利です(例:wordpress@example.com)。

というのは、WordPressから送信されるメールで、送信者名、送信者メールアドレスが明示的に指定されていない場合(つまりFROMヘッダーが未指定の場合)、送信者名が「WordPress」、送信元メールアドレスが「wordpress@ドメイン名」というメールアドレスが送信者になるからです。

wp-includes\pluggable.phpのwp_mail関数に、送信者名と送信者のメールアドレスをFROMヘッダーから取り出す動作が書かれており、「それが空の場合は…に設定する」として、デフォルトの名前(WordPress)とメールアドレス(wordpress@ドメイン名)が規定されています。

※上記のコードを直接修正すればデフォルト値を変更できますが、おすすめしません。

たとえば、「ユーザー」‐「新規追加」メニューから新たなユーザーを追加したときに、そのユーザーにパスワードなどを通知するメールの送信元は次のようになります。

ユーザー追加通知メールの送信元

ユーザー追加通知メールの送信元

wp_mail_fromやwp_mail_from_nameにフィルタフックをかけて送信元を制御することも可能でしょうが、単純に“WordPressさん”(wordpress@ドメイン名)を追加して、任意のメールアドレスへの転送用にしておく方が簡単です。

この記事をSNSで共有する
WordPressでお困りのときはご相談を
この記事を書いた西沢直木が直接、WordPress個別サポートで対応します。
こんなときはご相談を
  • WordPressの使い方(ページやメニューの作り方を教えてほしい)
  • カスタマイズ(機能の追加やデザイン調整をお願いしたい)
  • トラブル対応(画面真っ白・「ログインできない」を解決したい)
マンツーマンなので相談内容は自由です。いただいた課題をその場で解決、CSSやPHPも目の前で修正します。気軽にご相談ください。
WordPress講座の問い合わせ先

関連記事

BizVektorのカスタマイズ

WordPressカスタマイズ

WordPressプラグイン

スポンサーリンク
西沢直木によるWordPress講座の紹介
ホームページ作成講座WordPress個別サポート