WordPress個別サポート

WordPressを複数ユーザーで管理する場合、「権限」を使い分けると便利です。全員が管理者だと困るので、「投稿のみを任せるユーザー」や「投稿と固定ページの編集を任せるユーザー」など、権限が少ないユーザーを登録しておくということです。

そのために、「ユーザー」‐「新規追加」メニューから追加するユーザーには次の権限を指定することができます。

追加するユーザーの権限

WordPressのユーザーに設定できる権限

おおざっぱな違いは次のとおりです。

  • 管理者 --- フル権限を持つユーザー
  • 編集者 --- サイト設定ができないユーザー
  • 投稿者 --- 投稿のみできるユーザー
  • 寄稿者 --- 投稿すると「レビュー待ち」になるユーザー
  • 購読者 --- コメントするだけのユーザー

以下、権限ごとに使用可能なメニューと使い分けのポイントをまとめます。

スポンサーリンク

WordPressテーマ「LOTUS (TCD039)」

「管理者」はフル権限を持つユーザー

管理者はすべての権限を持ち、全メニューを使用可能なユーザーです。WordPressインストール時にユーザー名とパスワードを指定したユーザーも管理者として登録されています。

管理者ユーザーが使用可能なメニュー

管理者ユーザーが使用可能なメニュー

※「おすすめの店」はカスタム投稿タイプ、「お問い合わせ」はメールフォームを作成するContact Form 7プラグインの設定メニューです。

「編集者」はサイト設定権限のない“ページの管理者”

編集者はサイト設定に関する権限がなく、投稿や固定ページの「編集」(追加、変更、削除)ができるだけのユーザーです(カスタム投稿のメンテナンスも可)。

逆に言えば、サイト設定など「危険なメニュー」にアクセスできないだけで、サイト制作に関しては管理者と同じような作業ができるユーザーとも言えます。

編集者が使用可能なメニュー

編集者が使用可能なメニュー

画像アップロードやコメントのメンテナンスもできますが、「ツール」メニューからコンテンツをインポート・エクスポートすることはできません。

サイトの動作に影響するような各種設定、テーマ選択、プラグインのインストールは不可で、ユーザーの追加もできません。

サイトの設定権限を与えずに投稿や固定ページのメンテナンスだけをお願いしたいユーザー向けの権限です。

客先にWordPressサイトを納品するときに設定などを変更されると困る場合に、お客様のホームページ担当者を編集者として登録して納品する場合があります。

「投稿者」は「投稿」のみが可能なユーザー

投稿者は、投稿(カスタム投稿含む)のみ可能なユーザーです。固定ページの編集はできません。また、編集者と同じように、サイト設定に関する権限はありません。

投稿者が使用可能なメニュー

投稿者が使用可能なメニュー

コメントは参照できますが、編集、承認、削除などはできません。

他人の投稿は編集できません。表示できるだけです。

他人の投稿は表示しかできない

他人の投稿は表示しかできない

また、他人が投稿した「レビュー待ち」の投稿は表示もできません。

他人の「レビュー待ち投稿」は表示もできない

他人の「レビュー待ち投稿」は表示もできない

「投稿者」は、純粋に記事の投稿のみをお願いしたいユーザーに適した権限です。

携帯からメール投稿できるKtai Entryプラグインでは、「投稿者」権限のユーザーからのメール投稿は下書きとして保存されます。

「寄稿者」は投稿をチェックしてから公開したいときに

寄稿者は投稿を「入力」はできますが公開する権限がありません。寄稿者が投稿すると「レビュー待ち」として保存され、管理者の承認後に公開されます。

画像のアップロードはできません。また、投稿者と同じようにコメントは参照できますが、編集、承認、削除などはできません。

寄稿者が使用可能なメニュー

寄稿者が使用可能なメニュー

入力した投稿はレビュー待ちの投稿として保存(または下書きとして保存)することになります。

寄稿者は「レビュー待ち」として投稿

寄稿者は「レビュー待ち」として投稿

公開権限を持つユーザー(編集者・管理者)が編集画面を開いて確認後、公開する流れです。

寄稿者の投稿は「レビュー待ち」に

寄稿者の投稿は「レビュー待ち」に

寄稿者は、入力原稿を管理者がチェックしてから公開したいユーザーに適した権限です。

「購読者」はコメント投稿用のユーザーに最適

購読者がダッシュボードで使用可能なメニューは、自分のプロフィールの変更だけです。

購読者が使用可能なメニュー

購読者が使用可能なメニュー

このユーザーの活用場面は、登録ユーザーのみがブログ記事にコメントできるサイトを作りたいときです。

詳しくは、以下のページをご覧ください。

WordPressで登録ユーザーのみがコメントできるようにする

コメントを許可するだけで、ダッシュボードにログインさせたくないときは、ユーザー登録後に、以下の「権限のないユーザー」に設定する方法があります。

権限のないユーザー(ダッシュボードにログインできない)

登録済みのユーザーは、サイトでの権限を剥奪してダッシュボードにログインできなくすることができます。

それには、「ユーザー」‐「一覧表示」メニューからユーザーの編集画面を開き、権限グループで「このサイトでの権限なし」を選択します。

ユーザー権限の剥奪

ユーザー権限の剥奪

権限を剥奪すると、ダッシュボードにログインできなくなります。

権限の剥奪後はログインできない

権限の剥奪後はログインできない

さらに細かく権限を設定したい場合

上記はデフォルトの権限設定でしたが、さらに細かく権限を設定したい場合は、プラグインが役立ちます。

たとえば、User Role Editorプラグインをインストールすると、次のように直感的なメニューから権限グループごとの権限を設定することができます。

User Role Editorによる権限のカスタマイズ

User Role Editorによる権限のカスタマイズ

「プラグイン」‐「新規追加」メニューからプラグインをインストール、有効化すると、「ユーザー」‐「User Role Editor」メニューからこうした権限のカスタマイズが可能になります。

この記事をSNSで共有する
WordPressでお困りのときはご相談を
この記事を書いた西沢直木が直接、WordPress個別サポートで対応します。
こんなときはご相談を
  • WordPressの使い方(ページやメニューの作り方を教えてほしい)
  • カスタマイズ(機能の追加やデザイン調整をお願いしたい)
  • トラブル対応(画面真っ白・「ログインできない」を解決したい)
マンツーマンなので相談内容は自由です。いただいた課題をその場で解決、CSSやPHPも目の前で修正します。気軽にご相談ください。
WordPress講座の問い合わせ先

関連記事

BizVektorのカスタマイズ

WordPressカスタマイズ

WordPressプラグイン

スポンサーリンク
西沢直木によるWordPress講座の紹介
ホームページ作成講座WordPress個別サポート