Excelで年齢計算するには、2つの日付の差を計算するDATEDIF関数を使います。

スポンサーリンク

WordPressテーマ「LOTUS (TCD039)」

何歳なのか年齢を計算する

「42歳」などの年数までを計算したいときは、計算した年齢を表示するセルに「=DATEDIF(B1,TODAY(),"Y")」のように入力します。

Excelによる年齢計算

Excelによる年齢計算

  • B1 --- 生年月日が入力されたセルを指定します。
  • TODAY() --- 今日の日付を返す関数です。
  • "Y" --- 2つの日付が年数で返されます。
  • DATEDIF(B1,TODAY(),"Y") --- 生年月日と今日の日付の差(つまり年齢)が年数で返されます。

「何歳何か月」までの年齢を計算する

「何歳何か月」までの年齢を計算するには、DATEDIF関数の3番目のパラメータで「YM」を指定します。

つまり、年齢を表示するセルには次のように入力します。

=DATEDIF(B1,TODAY(),"Y")&"歳"&DATEDIF(B1,TODAY(),"YM")&"か月"

※「&」は、関数と文字列をつなぐ記号です。

何歳何か月までの年齢を計算する

何歳何か月までの年齢を計算する

この記事をSNSで共有する

関連記事

BizVektorのカスタマイズ

WordPressカスタマイズ

WordPressによるサイト作成のヒント

WordPressプラグイン

スポンサーリンク
西沢直木によるWordPress講座の紹介
ホームページ作成講座WordPress個別サポート