WordPress個別サポート

投稿の下書きを保存するとリビジョン(古いバージョン)がドンドン増えてしまうことが気になる方もいるかと思います。ここでは、投稿の新規追加から下書き保存、自動保存、ゴミ箱への移動などの作業によって、どのようにリビジョンが増えていくのか見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

WordPressテーマ「LOTUS (TCD039)」

最初の自動保存で元のデータが作成される

まずは、テスト用に投稿を入力します。デフォルトの設定では、入力中にしばらくすると、その投稿は自動保存されます。

新規追加する投稿が自動保存される

新規追加する投稿が自動保存される

WordPressデータベースの投稿データを見てみましょう。自動保存された時点で、新規追加される投稿の下書きとしてWordPressデータベースに追加されます。post_statusはdraft(下書き)です。

新規追加する投稿がWordPressデータベースに追加される

新規追加する投稿がWordPressデータベースに追加される

「下書きとして保存」ボタンでリビジョンが追加される

この投稿を編集して「下書きとして保存」ボタンをクリックすると、投稿の下書きが保存されます。

投稿を下書きとして保存

投稿を下書きとして保存

元の投稿(ID=2065)は下書き(draft)のまま保存されますが、変更前の自動保存されたバージョンがリビジョン(古いバージョン)として追加されます(ID=2066)。

投稿のリビジョンが追加される

投稿のリビジョンが追加される

さらに投稿を編集して「下書きとして保存」ボタンをクリックすると、ダッシュボードでは下書きが保存されるだけで何も変わりません。もちろん、URLも自動保存されたときと変わりません(2065.html)。

さらに下書きを保存する

さらに下書きを保存する

WordPressデータベースには、今回の下書きによってリビジョンが追加されます(ID=2067)。こうして、下書き保存するたびにWordPressデータベースにデータレコードが増えていきます。

さらにリビジョンが追加される

さらにリビジョンが追加される

公開前の投稿の自動保存ではリビジョンは追加されない

まだ公開していない投稿の編集中に「下書き保存」ボタンをクリックせずに自動保存に任せてみます。

編集中の投稿を自動保存させる

編集中の投稿を自動保存させる

この場合、最初に作成された元の投稿(ID=2065)が更新されます。つまり、自動保存のたびにリビジョンがドンドン増えるわけではありません。投稿の入力中、60秒ごとにリビジョンが1件ずつ増えていくわけではないので、ゆっくり作業して大丈夫です。

また、必ずしも60秒間隔で保存されるわけではなく、編集(内容を変更)しなければ自動保存されません。

投稿を少し編集して、もう一度自動保存させてみます。

二回目の自動保存

二回目の自動保存

やはり、元の投稿(ID=2065)が更新されています。自動保存によってリビジョンは増えていません。

自動保存でリビジョンが増えない

自動保存でリビジョンが増えない

公開時点でリビジョンが追加される

このような流れで投稿を編集し、最終的に「公開」ボタンをクリックして投稿を公開します。

この時点で、公開時点の内容としてリビジョンが追加されます。また、元の投稿(ID=2065)のpost_statusはpublish(公開)に変更されます。こちらが公開されたことを示しています。また、これまでに作成されたリビジョンも残っています。

投稿の公開時にリビジョンが追加される

投稿の公開時にリビジョンが追加される

公開後の投稿には1つだけリビジョンが作成される

公開後の投稿の自動保存は、少し動作が違います。というのは、公開後の投稿の編集(下書き)中、自動保存によって元のデータが更新されてしまうと「下書き中なのに!」となるからです。

というわけで、公開後の投稿が自動保存されるときは1つだけリビジョンが作成されます。

公開後の投稿には1つだけリビジョンが作成される

公開後の投稿には1つだけリビジョンが作成される

公開後の投稿の修正中に自動保存されるときは、このリビジョンが上書きされていきます。つまり、自動保存でリビジョンがドンドン増えるわけではありません。

ゴミ箱への移動・ゴミ箱からの復元などでリビジョンが追加される

投稿をゴミ箱に移動してみます。

投稿をゴミ箱に移動

投稿をゴミ箱に移動

ゴミ箱に移動した投稿は、投稿一覧やユーザー画面からは見えなくなりますが、WordPressデータベースにはデータが残っています。しかも、ゴミ箱に移動したタイミングでリビジョンが増えます。また、ゴミ箱から復元したタイミングでもリビジョンが増えます。

つまり、「この投稿、削除しよう … やっぱり戻そう」を繰り返しているとリビジョンが増えていきます。

ゴミ箱への移動でリビジョンが増える

ゴミ箱への移動でリビジョンが増える

他にも、編集画面やクイック編集で「更新」ボタンや「変更をプレビュー」をクリックしたときにもリビジョンが追加されます。

クイック編集で何も変更しなかったときは「キャンセル」ボタンをクリックすれば、リビジョンは増えません。

ゴミ箱の投稿を完全に削除すると、リビジョンを含めてその投稿はデータベースから削除されます。データベースはスッキリしますが、データが削除されてしまうので復元はできません。注意しましょう。

投稿を完全に削除

投稿を完全に削除

この記事をSNSで共有する
WordPressでお困りのときはご相談を
この記事を書いた西沢直木が直接、WordPress個別サポートで対応します。
こんなときはご相談を
  • WordPressの使い方(ページやメニューの作り方を教えてほしい)
  • カスタマイズ(機能の追加やデザイン調整をお願いしたい)
  • トラブル対応(画面真っ白・「ログインできない」を解決したい)
マンツーマンなので相談内容は自由です。いただいた課題をその場で解決、CSSやPHPも目の前で修正します。気軽にご相談ください。
WordPress講座の問い合わせ先

関連記事

BizVektorのカスタマイズ

WordPressカスタマイズ

WordPressによるサイト作成のヒント

WordPressプラグイン

スポンサーリンク
西沢直木によるWordPress講座の紹介
ホームページ作成講座WordPress個別サポート