WordPress個別サポート

WordPressサイトで存在しないページにアクセスすると、「おっと、失礼しました。お探しのコンテンツを見つけられませんでした。検索をお試しください。」などのエラーメッセージが表示されます。

このメッセージを別の表現に変更したいこともあります。

存在しないページにアクセスしたとき

存在しないページにアクセスしたとき

このメッセージは多くのテーマでは404テンプレート(404.php)に英語で記述されています。

変更するには「外観」-「テーマ編集」メニューから404テンプレート(404.php)を開き、次の英語メッセージを変更します。

...略...
<h1 class="entry-title"><?php _e( 'This is somewhat embarrassing, isn&rsquo;t it?', 'twentytwelve' ); ?></h1>
...略...
<p><?php _e( 'It seems we can&rsquo;t find what you&rsquo;re looking for. Perhaps searching can help.', 'twentytwelve' ); ?></p>

_eによって、翻訳された日本語が表示されます。この英語の部分を任意の内容に修正します。

...略...
<h1 class="entry-title"><?php _e( 'このページは存在しません。', 'twentytwelve' ); ?></h1>
...略...
<p><?php _e( 'お手数ですがトップページへのアクセスをお願いします。', 'twentytwelve' ); ?></p>

※他の変更方法もありますが、ここでは、応急処置の簡単な方法を紹介しています。

これにより、エラーメッセージが変更されます。

エラーメッセージが変更される

エラーメッセージが変更される

この記事をSNSで共有する
WordPressでお困りのときはご相談を
この記事を書いた西沢直木が直接、WordPress個別サポートで対応します。
こんなときはご相談を
  • WordPressの使い方(ページやメニューの作り方を教えてほしい)
  • カスタマイズ(機能の追加やデザイン調整をお願いしたい)
  • トラブル対応(画面真っ白・「ログインできない」を解決したい)
マンツーマンなので相談内容は自由です。いただいた課題をその場で解決、CSSやPHPも目の前で修正します。気軽にご相談ください。
WordPress講座の問い合わせ先

関連記事

BizVektorのカスタマイズ

WordPressカスタマイズ

WordPressによるサイト作成のヒント

WordPressプラグイン

スポンサーリンク
西沢直木によるWordPress講座の紹介
ホームページ作成講座WordPress個別サポート