Excelファイルのセル範囲をコピーしてAccessにペーストすることで、簡単にデータをインポートすることができます。既存テーブルにインポートまたは新規作成することができます。

まずは、Excelファイルから取り込みたい部分をコピーします。先頭行は列名として使うことができます。

インポートしたい部分をコピー

インポートしたい部分をコピー

Accessで画面左側のバー上で右クリックして「貼り付け」を選択します。

Accessにペースト

Accessにペースト

先頭行を列名として使うか選びます。

先頭行を列名に使う

先頭行を列名に使う

インポートが完了します。

インポート完了

インポート完了

シート名と同じ名前のテーブルが作成されます。

テーブルが作成される

テーブルが作成される

データインポートは完了ですが、主キーが設定されていないので、デザインビューに切り替えて主キー列を追加します。

ここでは、会員名を右クリックして「行の挿入」メニューを選択し、フィールド名をID、データ型をオートナンバーにしました。

主キーを追加

主キーを追加

既存データには連番が割り当てられ、新たに入力したデータにも連番が割り当てられます。

主キーフィールドに値が割り当てられる

主キーフィールドに値が割り当てられる

既存テーブルの最後に追加する形でインポートすることもできます。たとえば、数件のデータをExcelからコピーします。

追加インポートするデータをコピー

追加インポートするデータをコピー

インポート先のテーブルをデータシートビューを開いて、新規行で、インポートするデータに含まれるフィールド(ここでは、会員名から電話番号)を選択状態にして、「ホーム」‐「貼り付け」-「形式を選択して貼り付け」メニューから「CSV」または「テキスト」を選択します。

ExcelデータをCSV形式で貼り付け

ExcelデータをCSV形式で貼り付け

「貼り付け」‐「追加貼り付け」メニューや、「形式を選択して貼り付け」メニューで「Excelワークシート」を選んで貼り付けると、先頭のデータが追加されない場合があります。

※「会員名」列をクリックして、Shiftキーを押しながら「電話番号」列をクリックすると、複数列を選択することができます。

コピーした3件が追加されます。

Excelからコピーしたデータが追加される

Excelからコピーしたデータが追加される

インポートしたデータを削除してやり直すときに、連番にすきまができるのを防ぎたい場合は、データの削除後に「データベースツール」‐「データベースの最適化/修復」を実行します。
この記事をSNSで共有する

関連記事

BizVektorのカスタマイズ

WordPressカスタマイズ

WordPressによるサイト作成のヒント

WordPressプラグイン

スポンサーリンク
西沢直木によるWordPress講座の紹介
ホームページ作成講座WordPress個別サポート