WordPress個別サポート

あの巨大書店Amazonで自作の電子書籍を発行できる!しかも誰でも!という夢のようなシステム「Kindle ダイレクト・パブリッシング」(以下、KDP)。印税生活も夢じゃない?と思って電子書籍の出版を目論む方もいるかもしれません。

そんな方のため、何冊か出版してみて、個人的な見解を書いてみたいと思います。以下、個人的な見解なので、「そんなわけないでしょ!」という実感がある方は、反論をいただく必要はありません。

まず、「KDPで印税生活は可能か?」は、ごくごく一部の方を除き、現在はほぼ無理だと思います。

といっても、「じゃあ、やめよう」とあきらめるのは早すぎます。「現在は」「ほぼ」無理という実感を持ったのであって、将来的には可能性があるかもしれませんし、現在も可能性はゼロではないということです。

ゼロではないというのは重要です。というのは、KDP以外でもいくつかのシステムで電子書籍を出してみましたが、どれも「可能性はゼロ」だと思ったからです。まったく売れません。KDP以外では、よほどのことがない限り、電子書籍で「売れる」という体験が生まれないでしょう。

それに比べて、KDPの場合、Amazonの信用力によって「お金を支払う」ための敷居が低くなっていることが非常に大きなメリットです。したがって、言葉は悪いですが、名も無き方が出版した普通の本でも「売れる」可能性はあります。

ただし、それで印税生活は無理でしょうが、この「売れる」という体験が重要です。何事も小さい成功で少しずつ自信を付けることが、大きな成功への一歩になるはずです。

現状ではKDPの電子書籍の点数はまだ少なく、一冊売れるだけでも「ランキング」がグッと上がります。ジャンルによっては、一冊売れるだけでそのジャンルのトップ3くらいに入る場合があります。そのタイミングによっては、どこかの出版社から声がかかる可能性もあります。また、そのジャンルに関する講演やセミナーで講師をしてほしいと依頼がくる可能性もあります。その意味で、一冊でも売れるかもしれないKDPの可能性はかなり大きいものだと言えます。

また、書く人にとっては、実際に自分の本が売れたという実感が直接的な創作のモチベーションにつながります。結果として、本当に売れる電子書籍を作成できるようになるかもしれませんし、ブログなどの文章に磨きがかかり、ブログへのアクセスが増えることで電子書籍ページへの導線が確立されるなど、KDPによる波及効果が出てくることは十分に考えられます。

つまり、「KDPで印税生活は無理だが波及効果は大きい」と言えます。もちろん、今は波及効果すら感じないという状況になるかもしれませんが、数年規模で見れば、爆発する可能性はあると思います。

電子書籍の可能性を低く見ている方は、KDPには何も魅力も感じないでしょうが、Kindle端末からワンクリックで本を買えてしまう敷居の低さは脅威です。この行動が多くの人の習慣になり、Kindle端末のパフォーマンスがさらに上がってくれば、世界が変わります。

世界が変わると言ってもピンとこないかもしれませんが、たとえば、携帯電話がこれほど普及すると誰が思ったでしょうか。携帯電話は立派な課金端末です。電話をかけるたびに課金されるなどと意識している人は、今ではそれほど多くないでしょう。

同じように、課金端末であるKindleで本を買うという行動が習慣になるまで、まだ時間がかかるでしょうが、習慣になるのは時間の問題です。天下のAmazonが何も手を打たずに「日本では電子書籍が普及しない」と白旗をあげるはずがありません。

それに、出版社主導の電子書籍が日本で普及してこなかったことと、KDPの隆盛は、あまり関係ないように思います。というのは、誤解を恐れずに書けば、KDPは出版社が大きく得をするツールではなく、どちらかといえば個人が活躍するためのツールと言えるからです。

個人が自由に創作した作品に自由に価格を付け、一冊ずつ売れることで自信を付け、次の行動への活力に変えていく。そんなツールがKDPだと思います。逆に個人が参加できない出版社のみが利用可能なプラットフォームであったとしたら、KDPは発展しないと思います。それは「日本では電子書籍が普及しない」の延長線にしかならないはずです。

「誰でも利用可能」の意味するところは、作家やライターという職域とは無関係の方でも、とにかく一冊まとめてみて、一冊ずつ売れることで将来の展望が開けるかもしれない、少しおおげさですが、それくらい「個人」がメリットを享受するツールがKDPだと思います。

もちろん、一冊も売れない可能性も十分にあるのが現実ですが、それでも胸を張って「Amazonで本を出しました!」とは言えます。そこに意外な反応を示す人がいて、意外な方向に人生が転がり始めるかもしれません。

デフレの中で苦戦している方も、もしも本を一冊書く心の余裕があるならば、KDPから電子書籍を出してみてはいかがでしょうか。「一冊書く」というフレーズに膨大な文字数を思い浮かべた方へ。100ページや200ページ書く必要はないのです。ボリュームも自分で自由に決められる、それがKDPです。少しでも可能性を感じた方、ぜひチャレンジを!

ただし、印税生活できるほど甘くありませんよ。繰り返しですが。

この記事をSNSで共有する
WordPressでお困りのときはご相談を
この記事を書いた西沢直木が直接、WordPress個別サポートで対応します。
こんなときはご相談を
  • WordPressの使い方(ページやメニューの作り方を教えてほしい)
  • カスタマイズ(機能の追加やデザイン調整をお願いしたい)
  • トラブル対応(画面真っ白・「ログインできない」を解決したい)
マンツーマンなので相談内容は自由です。いただいた課題をその場で解決、CSSやPHPも目の前で修正します。気軽にご相談ください。
WordPress講座の問い合わせ先

関連記事

BizVektorのカスタマイズ

WordPressカスタマイズ

WordPressによるサイト作成のヒント

WordPressプラグイン

スポンサーリンク
西沢直木によるWordPress講座の紹介
ホームページ作成講座WordPress個別サポート