WordPress個別サポート

レンタルサーバーなどにWordPressをインストールすると、そのWebサイトは公開された状態になります。

ある程度投稿を入力したり固定ページを作成するまで非公開(いわゆる工事中)にするには、メンテナンス系のプラグインをインストールします。

たとえば、Maintenanceプラグインを使うと、Webサイトの公開/非公開を簡単に切り替えることができます。インストール直後は「公開」の状態になっています。

状態を「On」にして「Save changes」をクリックすると、「メンテナンス中」の画面が表示されるようになります。

Webサイトをメンテナンス中にするMaintenanceプラグイン

Webサイトをメンテナンス中にするMaintenanceプラグイン

ユーザー名とパスワードを入力したユーザーのみがWebサイトを閲覧できます。

「メンテナンス中」の画面

「メンテナンス中」のログイン画面

この記事をSNSで共有する
WordPressでお困りのときはご相談を
この記事を書いた西沢直木が直接、WordPress個別サポートで対応します。
こんなときはご相談を
  • WordPressの使い方(ページやメニューの作り方を教えてほしい)
  • カスタマイズ(機能の追加やデザイン調整をお願いしたい)
  • トラブル対応(画面真っ白・「ログインできない」を解決したい)
マンツーマンなので相談内容は自由です。いただいた課題をその場で解決、CSSやPHPも目の前で修正します。気軽にご相談ください。
WordPress講座の問い合わせ先

関連記事

BizVektorのカスタマイズ

WordPressカスタマイズ

WordPressプラグイン

スポンサーリンク
西沢直木によるWordPress講座の紹介
ホームページ作成講座WordPress個別サポート