WordPress個別サポート

なぜか、自分のWordPressサイトに限って、重要なメニューが表示されないとか、制作を依頼した業者から納品されたサイトのメニューが極端に少ないことがあります。WordPressの入門書で見たメニュー構成と全く異なるため「このサイト、壊れてる?」と不安になるかもしれません。

自分のサイトで表示されないメニューがあるのは、なぜ?

自分のサイトで表示されないメニューがあるのは、なぜ?

スポンサーリンク

WordPressテーマ「LOTUS (TCD039)」

メニューが表示されないのは管理者ではないから

考えられる原因は、ログイン中のユーザーが管理者ではないということです。たとえば、編集者や投稿者の場合、「設定」や「外観」メニューは表示されません。

サイトの管理者や制作者から「このユーザー名とパスワードを使ってログインしてください」と指示されたユーザーの種類が編集者や投稿者だと、上記のような極端に少ないメニュー構成になる場合があります。

これは、管理者以外のユーザーでは使用可能な機能が制限されるためです。管理者以外のユーザーが間違って重要な設定を変更しないための安全策に役立ちます。多くのユーザーでサイトを管理するときは特に便利です。

「誰も管理者のパスワードを知らない」になるかも

このようなユーザー権限の使い分けは便利な反面、「誰も管理者のユーザー名やパスワードがわからない」という状態になる場合があります。

たとえば、WordPressサイトの管理を1人で担当していた社員が退職したり、制作を依頼していた業者と連絡がつかなくなってしまったときです。

重要な設定を変更したいと思っても誰も管理者のパスワードがわからず、WordPressの管理画面から重要な作業が何もできないという状態が続いてしまいます。

データベースの中身をのぞいてみれば解決

そのような場合、WordPressデータベースの中身をのぞいてみれば、管理者のユーザー名などを調べることができます。WordPressのユーザー情報はwp_usersというテーブルに保存されています。

管理者のユーザー名を調べる

管理者のユーザー名を調べる

「wp_users」ではなく「wp123abcusers」や「wp1_users」のような名称の場合もあります。これはインストール時の設定によります。

パスワードは暗号化されているので元の文字はわかりませんが、変更できるので問題ありません。ただし、パスワードの変更には注意が必要なため、実際に管理者のパスワードを変更する場合は以下のページなどで詳細手順を確認してください。

phpMyAdminでWordPressユーザーのパスワードをリセットする方法

誰が管理者かわからないときは

wp_usersテーブルに多くのユーザーが保存されていて、誰が管理者かわからないときは、wp_usermetaテーブルを見てみましょう。

wp_user_levelフィールドが「10」(権限レベルが10)のユーザーが管理者です。

管理者(権限レベルが10)を調べる

管理者(権限レベルが10)を調べる

そのユーザーのID(user_id)をメモしてもう一度wp_usersテーブルをチェックしましょう。この例ではユーザーIDが1のユーザーが管理者なので、「wpmaster」が管理者だとわかります。

ユーザーIDが1のユーザーを調べる

ユーザーIDが1のユーザーを調べる

一般的にWordPressインストール時に最初に設定されたユーザーは管理者になるので、ユーザーIDが「1」のユーザーが管理者だと思って大丈夫なはずです。
この記事をSNSで共有する
WordPressでお困りのときはご相談を
この記事を書いた西沢直木が直接、WordPress個別サポートで対応します。
こんなときはご相談を
  • WordPressの使い方(ページやメニューの作り方を教えてほしい)
  • カスタマイズ(機能の追加やデザイン調整をお願いしたい)
  • トラブル対応(画面真っ白・「ログインできない」を解決したい)
マンツーマンなので相談内容は自由です。いただいた課題をその場で解決、CSSやPHPも目の前で修正します。気軽にご相談ください。
WordPress講座の問い合わせ先

関連記事

BizVektorのカスタマイズ

WordPressカスタマイズ

WordPressによるサイト作成のヒント

WordPressプラグイン

スポンサーリンク
西沢直木によるWordPress講座の紹介
ホームページ作成講座WordPress個別サポート