WordPress個別サポート

CSSを使って画像に枠線を付けたい場合もあります。たとえば、次のような太い枠線を表示して額縁風に見せたいという要望も多いです。

画像に額縁風の枠線を表示する

画像に額縁風の枠線を表示する

ここでは、CSSを使って画像の枠線を表示する方法を紹介します。

スポンサーリンク

CSSで画像に枠線を付ける「border」

CSSの「border」を使うと画像などに枠線を付けることができます。borderで枠線を設定する場合、次の要素を指定できます。

  • 枠線のスタイル
  • 枠線の太さ
  • 枠線の色

書式は次のようになります。

border: スタイル 太さ 色;

次の例では、実線(solid)で1pxの黒い枠線で文字を囲んでいます。

<p style="border: solid 1px #000;">枠線で囲まれる文字</p>

表示結果は次のようになります。

文字を枠線で囲む

文字を枠線で囲む

borderについて詳しくは以下のページも参考にしてください。

スタイルシートリファレンス(border)

単純に1pxの黒枠を付けても雰囲気が出ませんが、色や太さなどを設定することで、額縁風でそれなりの雰囲気に仕上がります。以下、いくつかのパターンを紹介していきます。

画像に枠線を付ける失敗例

まずは、失敗例を紹介しておきます。画像に枠線を付ける場合、imgタグにCSSを指定することを思い付くかもしれません。発想は悪くありませんが、次のようなCSSではうまくいきません。

/* 画像を枠線で囲む(失敗例) */
img {
    border: solid 10px #f0f0f0;
}

このCSSでは、枠線を付けたい画像(1)だけでなく関係のない画像(2)(3)など、すべての画像に枠線が付いてしまいます。

すべての画像に枠線が付いてしまう

すべての画像に枠線が付いてしまう

この場合、画像タグのimgではなく、もう少し範囲を限定してCSSを適用する必要があります。たとえば、「本文の画像のみ」という条件にするなら、次のようにCSSセレクタを組み立てます。

/* 本文の画像を枠線で囲む */
.entry-content img {
    border: solid 10px #f0f0f0;
}

これで、本文の画像(1)だけが枠線で囲まれ、関係ない画像(2)(3)には枠線が付きません。

本文の画像(1)のみに枠線が付く

本文の画像(1)のみに枠線が付く

本文のclassが「.entry-content」なのかはテーマによって異なる場合があります。

特定の画像のみに枠線を付ける

特定の画像のみに枠線を付けたい場合は、画像のclass名を指定する方法があります。「メディアを追加」から本文に挿入した画像には次のような固有のclass名が付いているはずです。

個別画像のclass名を確認

個別画像のclass名を確認

この例では「wp-image-180」というclass名が付いているので、次のようなCSSで枠線を付けることができます。

/* 特定の画像のみに枠線を表示 */
.wp-image-180 {
    border: solid 10px #f0f0f0;
}

表示結果は次のようになります。左側の画像のみに枠線が付いています。

特定の画像のみに枠線を表示

特定の画像のみに枠線を表示

このように、画像に枠線を付ける場合は、class名の規則性を利用してサイト全体の画像に枠線を付けるのか、個別の画像のみに表示するのか制御することができます。

以下、画像に枠線を付けるCSSのサンプルを紹介します。

額縁のような太い枠線

上記のサンプルでも使った太い枠線です。簡単なCSSで画像を額縁のように装飾できます。

画像を額縁のような枠線で囲む

画像を額縁のような枠線で囲む

CSSは次のとおりです。borderの中で枠線の太さを指定すれば、額縁のような太い枠線を表示することができます。以下の例では10pxの太さを指定しています。

/* 画像を枠線で囲む */
.entry-content img {
    border: solid 10px #f90;
}

上記の「#f90」は枠線の色です。好きなカラーコードを指定してみてください。以下の例では灰色系の枠線を付けています。

/* 画像を灰色系の枠線で囲む */
.entry-content img {
    border: solid 10px #f90;
}

表示結果は次のようになります。

灰色系の枠線で囲む

灰色系の枠線で囲む

枠線+影

枠線に影を付けておくと、より額縁風に見えるかもしれません。

画像に枠線と影を付ける

画像に枠線と影を付ける

CSSは次のとおりです。

/* 画像に枠線と影を付ける */
.entry-content img {
    border: solid 10px #f90;
    box-shadow: 3px 3px 5px 5px rgba(0, 0, 0, 0.3);
}

影を付けるCSSはbox-shadowです。box-shadowについて詳しくは以下のページも参考にしてください。

【参考URL】CSS3リファレンス(box-shadow)

二重の枠線

枠線のスタイルに二重線(double)を指定すると、二重の枠線を表示することができます。

枠線を二重に

枠線を二重に

CSSは次のとおりです。

/* 二重枠線 */
.entry-content img {
    border: double 10px #900;
}

二重にした枠線のすき間に背景色を付けることができます。

二重枠線+背景色

二重枠線+背景色

CSSは次のとおりです。background-colorで背景色を指定しています。

/* 二重枠線+背景色 */
.entry-content img {
    border: double 10px #900;
    background-color: #c60;
}

立体的な枠線

枠線のスタイルに「outset」を指定すると、立体的な枠線を表示することができます。

立体的な枠線

立体的な枠線

左上が明るく、右下が暗くなります。逆にするには「inset」と指定します。

CSSは次のとおりです。

/* 立体的な枠線 */
.entry-content img {
    border: outset 10px #900;
}

画像を使った枠線

画像を使って枠線を表示することもできます。ここでは、次のような画像をメディアライブラリにアップロードしました。

枠線に使う画像

準備した画像

サイトの背景に使うような画像だと切れ目なく枠線を表示できて使いやすいです。

組み立てるCSSは次のとおりです。

/* 画像を使って枠線を表示 */
.entry-content img {
    background: url(http://…略….gif);
    padding: 10px;
}

「background: url」の「http://…」をアップロードした画像のURLに置き換えます。また、padding(余白)のサイズが枠線の幅になります。表示結果は次のようになります。

画像を使って枠線を表示

画像を使って枠線を表示

ただし、これは枠線ではないので、borderを使って枠線を指定することもできます。

/* 画像を使って枠線を表示 */
.entry-content img {
    background: url(http://…略….gif);
    padding: 10px;
    border: solid 5px #e17b34;
}

表示結果は次のようになります。

画像の枠線にborderの枠線を追加

画像の枠線にborderの枠線を追加

あとは、試行錯誤してみてください。

この記事をSNSで共有する
WordPressでお困りのときはご相談を
この記事を書いた西沢直木が直接、WordPress個別サポートで対応します。
こんなときはご相談を
  • WordPressの使い方(ページやメニューの作り方を教えてほしい)
  • カスタマイズ(機能の追加やデザイン調整をお願いしたい)
  • トラブル対応(画面真っ白・「ログインできない」を解決したい)
マンツーマンなので相談内容は自由です。いただいた課題をその場で解決、CSSやPHPも目の前で修正します。気軽にご相談ください。
WordPress講座の問い合わせ先

関連記事

BizVektorのカスタマイズ

WordPressカスタマイズ

WordPressによるサイト作成のヒント

WordPressプラグイン

スポンサーリンク
西沢直木によるWordPress講座の紹介
ホームページ作成講座WordPress個別サポート