WordPress個別サポート

BizVektor Global EditionにBizVektorの子テーマのサンプルでダウンロードした子テーマのたたき台をインストールすると、次のようにエラーメッセージが表示されるかもしれません。

BizVektorの子テーマのインストールでエラーになる

BizVektorの子テーマのインストールでエラーになる

これはBizVektor Global Editionのフォルダ名が子テーマの指定と異なるためです。

  • 子テーマの指定 --- biz-vektor
  • 実際のフォルダ --- bizvektor-global-edition

対応は簡単で、有効化に失敗した子テーマのstyle.cssを開き、次の「Template」の行を修正するだけです。

@charset "utf-8";
/*
Theme Name: ★BizVektor子テーマサンプル★
Theme URI: http://bizvektor.com
Template: biz-vektor
Description: 
Author: ★あなた m9っ・w・)b★
Tags: 
Version: 0.1.0
*/

修正後は次のようになります。

@charset "utf-8";
/*
Theme Name: ★BizVektor子テーマサンプル★
Theme URI: http://bizvektor.com
Template: bizvektor-global-edition
Description: 
Author: ★あなた m9っ・w・)b★
Tags: 
Version: 0.1.0
*/

「外観」-「テーマ編集」メニューから修正する場合は、画面右上の「編集するテーマを選択」から「BizVektor子テーマ」を選んで「選択」ボタンをクリックします。

BizVektorの子テーマを選択

BizVektorの子テーマを選択

「このテーマは壊れています。」と表示されますが、気にする必要はありません。

このメッセージは気にしなくて大丈夫

このメッセージは気にしなくて大丈夫

編集画面に表示されたコードから「Template」の「biz-vektor」を「bizvektor-global-edition」に修正しましょう。

BizVektorのフォルダ設定を修正

BizVektorのフォルダ設定を修正

「ファイルを更新」ボタンをクリックすると、「このテーマは壊れています。」のメッセージが消えるはずです。

エラーメッセージが消える

エラーメッセージが消える

これでBizVektorの子テーマが使用可能になったので、「外観」-「テーマ」メニューを開いて、子テーマを有効化しましょう。

BizVektorの子テーマを有効化

BizVektorの子テーマを有効化

BizVektorの子テーマが有効化されます。

BizVektorの子テーマが有効に

BizVektor(Global Edition)の子テーマが有効に

あとは自由にカスタマイズしていけば大丈夫です。

この記事をSNSで共有する
WordPressでお困りのときはご相談を
この記事を書いた西沢直木が直接、WordPress個別サポートで対応します。
こんなときはご相談を
  • WordPressの使い方(ページやメニューの作り方を教えてほしい)
  • カスタマイズ(機能の追加やデザイン調整をお願いしたい)
  • トラブル対応(画面真っ白・「ログインできない」を解決したい)
マンツーマンなので相談内容は自由です。いただいた課題をその場で解決、CSSやPHPも目の前で修正します。気軽にご相談ください。
WordPress講座の問い合わせ先

関連記事

WordPressカスタマイズ

WordPressによるサイト作成のヒント

WordPressプラグイン

スポンサーリンク
西沢直木によるWordPress講座の紹介
ホームページ作成講座WordPress個別サポート