WordPress個別サポート

WordPressを「http://example.com/kyuujin」のようなフォルダにインストールした後にしばらくしてフォルダ名を「http://example.com/recruit」のように変更したくなることもあります。

そこで、WordPressのインストール先のフォルダ名を変更する方法を紹介します。ここではフォルダ名を次のように変更します。

  • 現在:http://ユーザー名.sakura.ne.jp/aaaaa
  • 変更後:http://ユーザー名.sakura.ne.jp/bbbbb
さくらインターネットのURLですが、その他のレンタルサーバーでも考え方は同じです。
スポンサーリンク

サイトURLの変更

WordPressのダッシュボードの「設定」‐「一般」メニューで「WordPressアドレス」および「サイトアドレス」を変更します。ここではインストール先のフォルダ名「aaaaa」を「bbbbb」に変更します。

フォルダ名(ホームページのアドレス)を変更

フォルダ名(ホームページのアドレス)を変更

アドレス変更ミスは定番のWordPressトラブルです。ご注意ください。

「変更を保存」ボタンをクリックすると、「Not Found」のエラー画面が表示されますが心配は不要です。

エラー画面が表示されても大丈夫

エラー画面が表示されても大丈夫

上記のメニューで設定した新たなフォルダが存在しないという意味なので、続けてフォルダ名を変更していきます。

フォルダ名の変更

FTPソフトウェアやFTPツール(例:さくらインターネットやエックスサーバーのファイルマネージャ・ロリポップのロリポップ!FTP)を使ってフォルダ名を変更します。以下はさくらインターネットのファイルマネージャの例ですが、他のツールでも考え方は同じです。

ファイルマネージャを開き、古いフォルダを右クリックして「名前を変更」メニューを選択します。

FTPツールで「名前を変更」をクリック

FTPツールで「名前を変更」をクリック

新たなフォルダ名を入力して「OK」ボタンをクリックします。

新たなフォルダ名を入力

新たなフォルダ名を入力

これでフォルダ名が変更されます。新たなURL(例:http://example.com/bbbbb)にアクセスして確認しましょう。

サイトの確認

新たなサイトのURLにアクセスすると、ひとまずホームページが表示されるはずです。

ホームページが表示される(画像は表示されない)

ホームページが表示される(画像は表示されない)

画像が表示されないのは、サイト内の記事本文などに入っているURLが古いためです。続いて、画像のURLも新たなフォルダを参照するように変更しましょう。

古いURLの変更

新たなURLのダッシュボード(例:http://ユーザー名.sakura.ne.jp/bbbbb/wp-admin/)にアクセスして「プラグイン」‐「新規追加」メニューからBetter Search Replaceプラグインをインストール、有効化します。

Better Search Replaceプラグインのインストール

Better Search Replaceプラグインのインストール

「ツール」‐「Better Search Replace」メニューを開いて新旧のホームページアドレスを入力します。具体的には「Search for」(1)に旧アドレス、「Replace with」(2)に新アドレスを入力します。

新旧のホームページアドレスを入力

新旧のホームページアドレスを入力(「ツール」‐「Better Search Replace」)

すぐ下の「Select tables」にリストされたテーブルを選択状態にします。このデータベーステーブルの文字を置き換えるという意味です。

URLを置き換えるテーブルの選択

URLを置き換えるテーブルの選択

1つのデータベースに複数サイトがインストールされている場合、このリストには現在のサイトに関係ないテーブルもリストされるのでややこしいです。「1つのデータベースに1つのサイトだけインストールするのがベスト」というのはそのためです。

次の「Run as dry run?」(1)にチェックが入っていることを確認して「Run Search/Replace」(2)をクリックします。

置き換え内容の確認を実行

置き換え内容の確認を実行

「Run as dry run?」がチェックされているときは実際にURLは置き換えられずに処理件数が確認表示されるだけです。置き換え前後の文字を確認せずに間違って「Run Search/Replace」をクリックしてしまったときの危険防止にもなっています。

置き換え対象の件数(1)が表示されます。実際に置き換えたわけではないので「0 changes were made」(2)と表示されます。

URL置き換え件数の確認

URL置き換え件数の確認

問題なさそうであれば、画面を下にスクロールして、「Run as dry run?」(1)のチェックを外して、もう一度「Run Search/Replace」(2)をクリックします。

URLの置き換えを実行

URLの置き換えを実行

今度は本当にURLの置き換えが実行され、件数が表示されます。

URL置き換えの実行結果

URL置き換えの実行結果

サイトを確認すると、画像が表示されるはずです。

画像が表示されるようになる

画像が表示されるようになる

これで作業完了です。

まとめ

WordPressはフォルダの中にHTMLファイルが入っているわけではないので、フォルダ名の変更は少し面倒です。「設定」‐「一般」メニューでWordPressアドレスやサイトアドレスを変えただけでは不十分です。

画像が見えなくなって焦るかもしれませんが、データが消えたわけではないので、落ち着いてURLを置き換えて作業を完了しましょう。

この記事をSNSで共有する
WordPressでお困りのときはご相談を
この記事を書いた西沢直木が直接、WordPress個別サポートで対応します。
こんなときはご相談を
  • WordPressの使い方(ページやメニューの作り方を教えてほしい)
  • カスタマイズ(機能の追加やデザイン調整をお願いしたい)
  • トラブル対応(画面真っ白・「ログインできない」を解決したい)
マンツーマンなので相談内容は自由です。いただいた課題をその場で解決、CSSやPHPも目の前で修正します。気軽にご相談ください。
WordPress講座の問い合わせ先

関連記事

BizVektorのカスタマイズ

WordPressによるサイト作成のヒント

WordPressプラグイン

スポンサーリンク
西沢直木によるWordPress講座の紹介
ホームページ作成講座WordPress個別サポート