WordPress個別サポート

WordPressに限りませんが、サイトにパスワードロックをかけたいこともあります。ここでは、1つのパスワードを共有した会員だけが閲覧できるサイトという目的で、簡単な方法を紹介します。

Password Protectedプラグインを使うとパスワードを使ってアクセス制限をかけることができます。パスワードを知っている人だけがサイトを閲覧できるイメージです。ユーザー登録などは不要です。

以下、手順を説明します。

まずは、「プラグイン」‐「新規追加」メニューからPassword Protectedプラグインをインストール、有効化して、「設定」‐「Password Protected」メニューを開きます。

サイトのパスワードを設定する(Password Protectedプラグイン)

パスワードによるアクセス制限を設定する(Password Protectedプラグイン)

「Password Protected Status」(1)の「Enabled」をチェックし、「New Password」(2)にパスワードを入力(2回)して、「変更を保存」ボタンをクリックすると設定完了です。

サイトにアクセスするとパスワード入力画面が表示されます。

表示されるパスワード入力画面

表示されるパスワード入力画面

スポンサーリンク

パスワード入力画面のカスタマイズ

ログイン画面のロゴ(1)を変更したい

ログイン画面のロゴを変更する場合は、Login Logoプラグインが役立ちます。

インストール後、login-logo.pngというファイルをWordPressインストール先のwp-contentフォルダにアップロードすれば、ロゴ画像が変更されます。

ログイン画面のロゴを変更

ログイン画面のロゴを変更

「会員向けログイン画面」だけでなくダッシュボードにログインする画面のロゴが変更されるのでご注意ください。
「Password」や「Log In」を日本語にしたい

プラグインで使われているメッセージの対訳はpassword-protected/languages/password-protected-ja.poに記述されていますが、日本語で表示するために必要なmoファイルが作成されていないようです。

poファイルをPoeditなどで編集(追加で翻訳)、保存して作成されたmoファイルをアップロードしましょう。ログイン画面が日本語で表示されます。

ログイン画面を日本語に

ログイン画面を日本語に

この記事をSNSで共有する
WordPressでお困りのときはご相談を
この記事を書いた西沢直木が直接、WordPress個別サポートで対応します。
こんなときはご相談を
  • WordPressの使い方(ページやメニューの作り方を教えてほしい)
  • カスタマイズ(機能の追加やデザイン調整をお願いしたい)
  • トラブル対応(画面真っ白・「ログインできない」を解決したい)
マンツーマンなので相談内容は自由です。いただいた課題をその場で解決、CSSやPHPも目の前で修正します。気軽にご相談ください。
WordPress講座の問い合わせ先

関連記事

BizVektorのカスタマイズ

WordPressによるサイト作成のヒント

WordPressプラグイン

スポンサーリンク
西沢直木によるWordPress講座の紹介
ホームページ作成講座WordPress個別サポート