WordPress個別サポート

テーマをカスタマイズするときは子テーマを使うと便利だとわかっていても、インストールやstyle.cssの設定変更などが面倒で、という方にはModular Custom CSSプラグインが役立ちます。

メニューからCSSを入力してデザインをカスタマイズすることができます。子テーマをインストールする必要はありません。

BizVektorの「CSSカスタマイズ」やJetpackプラグインの「CSS編集」メニューのイメージです。

Modular Custom CSSプラグインを使うには「プラグイン」‐「新規追加」メニューからインストール、有効化して「外観」-「カスタマイズ」メニューを開きます。

「Custom CSS」をクリックして開いたウィンドウにCSSを入力してみましょう。右側のプレビューで確認できます。

プレビューを確認しながらCSSを入力できる

プレビューを確認しながらCSSを入力できる

テーマのカスタマイズには「Custom Theme CSS」(1)を使いますが、プラグインのカスタマイズには「Custom Plugin CSS」(2)を使うと便利です。テーマが変わってもカスタマイズ内容が保持されます。

「保存して公開」ボタンをクリックするとCSSによるカスタマイズが反映されます。

カスタマイズ内容が反映される

カスタマイズ内容が反映される

Simple Custom CSSプラグイン

プレビューが不要な方にはSimple Custom CSSプラグインが役立ちます。

「外観」-「Custom CSS」メニューでCSSを入力しましょう。

カスタマイズするCSSを入力

CSSを入力(Simple Custom CSSプラグイン)

子テーマをインストールせずにデザインをカスタマイズできる点はModular Custom CSSプラグインと同じです。

この記事をSNSで共有する
WordPressでお困りのときはご相談を
この記事を書いた西沢直木が直接、WordPress個別サポートで対応します。
こんなときはご相談を
  • WordPressの使い方(ページやメニューの作り方を教えてほしい)
  • カスタマイズ(機能の追加やデザイン調整をお願いしたい)
  • トラブル対応(画面真っ白・「ログインできない」を解決したい)
マンツーマンなので相談内容は自由です。いただいた課題をその場で解決、CSSやPHPも目の前で修正します。気軽にご相談ください。
WordPress講座の問い合わせ先

関連記事

BizVektorのカスタマイズ

WordPressによるサイト作成のヒント

WordPressプラグイン

スポンサーリンク
西沢直木によるWordPress講座の紹介
ホームページ作成講座WordPress個別サポート