WordPress個別サポート

投稿や固定ページを修正する場合、編集画面で作業すれば良いのですが、「公開したまま下書きで修正したい」ときは、どうすれば良いでしょうか?

公開中の投稿を「下書き」で修正するには?

公開中の投稿を「下書き」で修正するには?

公開中のページを編集する場合、

  • 一気に作業を終えて「更新」ボタンをクリックする必要がある
  • 途中で作業を終えて下書き保存にすると、そのページが見えなくなる

という問題があります。

この場合、公開中のページの「修正用のページ」(ブランチ)を作成して、修正用のページで下書き(またはレビュー待ち)で作業する方法があります。

修正用のページが完成(すぐに完成せず明日、あさってになるかも)して「更新」ボタンをクリックした時点で、公開中のページに反映される仕組みです。

修正作業中は公開中のページの表示に影響はありません。公開中のページの裏で修正作業を行うイメージです。

スポンサーリンク

WordPressテーマ「LOTUS (TCD039)」

修正用のページを作成できるWP Post Branchesプラグイン

「修正用のページ」(ブランチ)を作成するため、WP Post Branchesプラグインをインストールします。

WP Post Branchesプラグインのインストール

WP Post Branchesプラグインのインストール

修正したい投稿や固定ページの編集画面を開いて「ブランチを作る」ボタンをクリックします。

修正用のページ(ブランチ)を作成

修正用のページ(ブランチ)を作成

ブランチが作成され、公開した時点で修正が反映されるとのメッセージが表示されます。

公開すると反映されるブランチが作成される

公開した時点でブランチの内容が反映される

ページを修正するため、タイトルや本文を修正して「下書きとして保存」ボタンをクリックします。下書き(公開ではない)なので、公開中のページに影響はありません。

修正中のページを「下書き保存」

修正中のページを「下書き保存」

投稿や固定ページの一覧を見ると、元のページに加えて修正用のページ「ブランチ」が作成されていることがわかります。ブランチは下書きになっており、完成するまで下書きの状態で修正できます。

公開中のページと修正用のページ(ブランチ)

公開中のページと修正用のページ(ブランチ)

公開中のページ・修正中のページを確認

修正中のページのプレビューを見ると、修正内容が反映されています。言うまでもありませんが、この内容は「公開」されていません。下書きです。

修正中のページのプレビュー

修正中のページのプレビュー

公開中のページのプレビューを見ると、修正内容は反映されていません。修正作業の影響は受けていないということです。

公開中のページには、修正内容は反映されていない

公開中のページには、修正内容は反映されていない

ブランチで「公開」ボタンをクリックすると、その内容が公開中のページに反映され、投稿や固定ページの一覧からブランチが消えます。

ブランチを公開すると修正が反映される

ブランチを公開すると修正が反映される

ブランチの活用例:ページの修正をスタッフに任せる

ブランチを作成できると、外部スタッフなどに投稿や固定ページの修正を依頼するときに便利です。公開中のページに影響を与えずに修正作業をお願いできます。

ここでは、寄稿者権限のユーザーに投稿の修正を依頼するシナリオで考えてみます。

まずは、寄稿者の権限を少し緩めるため、User Role Editorプラグインをインストールします。

User Role Editorプラグインのインストール

User Role Editorプラグインのインストール

「ユーザー」‐「User Role Editor」メニューで「寄稿者」(1)を選択して、「edit_others_posts」(2)をチェックします。「Update」ボタン(3)をクリックすると設定完了です。

寄稿者が他人の投稿を編集できるようにする

寄稿者が他人の投稿を編集できるようにする

「edit_posts」など、その他の権限は変更しないようにしてください。

メニューが日本語の場合は適宜、読み替えてください。

「ユーザー」‐「新規追加」メニューから、投稿の修正を依頼する寄稿者ユーザーを追加しておきます。

寄稿者ユーザーを追加

寄稿者ユーザーを追加

いったんログアウトして、寄稿者権限のユーザーでログインします。

寄稿者でログイン

寄稿者でログイン

修正用のページ(ブランチ)のみ、編集画面を開けるようになっています。ブランチの下にある「公開中の投稿」は表示しかできません。

寄稿者はブランチのみ編集可能

寄稿者はブランチのみ編集可能

ブランチの編集画面を開くと「公開」ボタンがありません。つまり、修正は可能ですが公開できず、「レビュー待ちとして送信」または「下書きとして保存」することになります。

寄稿者は修正したページを「公開」できない

寄稿者は修正したページを「公開」できない

外部スタッフに修正を任せるとしても、修正内容を反映させる前に管理者などがチェックしてから公開することができます。

まとめ

修正用のページ「ブランチ」を作成できるWP Post Branchesプラグインとユーザーの権限を設定できるUser Role Editorプラグインを組み合わせることで、複数ユーザーで投稿や固定ページの管理を行う場合にも安全に作業できるようになります。

ここで紹介した方法は一例です。権限設定などはサイトの運用方法に応じて試行錯誤していきましょう。

この記事をSNSで共有する
WordPressでお困りのときはご相談を
この記事を書いた西沢直木が直接、WordPress個別サポートで対応します。
こんなときはご相談を
  • WordPressの使い方(ページやメニューの作り方を教えてほしい)
  • カスタマイズ(機能の追加やデザイン調整をお願いしたい)
  • トラブル対応(画面真っ白・「ログインできない」を解決したい)
マンツーマンなので相談内容は自由です。いただいた課題をその場で解決、CSSやPHPも目の前で修正します。気軽にご相談ください。
WordPress講座の問い合わせ先

関連記事

BizVektorのカスタマイズ

WordPressカスタマイズ

WordPressプラグイン

スポンサーリンク
西沢直木によるWordPress講座の紹介
ホームページ作成講座WordPress個別サポート