WordPress個別サポート

WooSidebarsプラグインを使うと「個別投稿用のサイドバー」や「固定ページ用のサイドバー」など、条件に応じて別々のサイドバーを表示することができます。

特定の固定ページに特定のサイドバーを表示するなど細かく条件を設定できますが、以下、個別投稿と固定ページで別々のサイドバーを表示する例で手順を紹介します。

まず、「プラグイン」‐「新規追加」メニューからWooSidebarsプラグインをインストール、有効化します。

WooSidebarsプラグインのインストール

WooSidebarsプラグインのインストール

スポンサーリンク

WordPressテーマ「LOTUS (TCD039)」

投稿用のサイドバーの定義

「外観」‐「Widget Areas」メニューを開いて「Add New」をクリックします。

「外観」‐「Widget Areas」メニュー

「外観」‐「Widget Areas」メニュー

サイドバーの名前(1)を付けて、このサイドバーを表示する条件を「Conditions」(2)で設定します。ここでは、個別の投稿(投稿タイプ=post)で表示するため、「Post Types」を選択して「Each Individual 投稿」(個別投稿)をチェックしています。

個別投稿用のサイドバーの作成

個別投稿用のサイドバーの作成

続いて画面右側で、どのサイドバーをこのサイドバーに置き換えるかを設定します。この例ではTwenty Twelveに組み込まれた「メインサイドバー」が「投稿用のサイドバー」に置き換えられます。

置き換える元のサイドバーを選択

置き換える元のサイドバーを選択

設定完了後、「公開」ボタンをクリックします。

作成したサイドバーのメンテナンス

「外観」-「ウィジェット」メニューを開いて、独自に作成したサイドバーが追加されているか確認しましょう。

「投稿用」のサイドバーが追加されている

「投稿用」のサイドバーが追加されている

投稿用のサイドバーに表示したいウィジェットを追加します。

投稿用のサイドバーにウィジェットを追加

投稿用のサイドバーにウィジェットを追加

これで、サイトに戻って個別投稿を表示すると「メインサイドバー」とは違う「投稿用のサイドバー」が表示されます。

投稿用のサイドバーが表示される

投稿用のサイドバーが表示される

固定ページ用のサイドバーの定義

同じように「外観」‐「Widget Areas」メニューを開いて「Add New」をクリックし、固定ページ用のサイドバーも作ってみましょう。

「Conditions」で「Pages」をクリックして個別のページを選択すれば、そのページのみに「固定ページ用のサイドバー」が表示されます。

固定ページ用のサイドバーの定義

固定ページ用のサイドバーの定義

※すべてのページを選択する場合は「Template Hierarchy」で「Pages」をチェックする方法があります。

定義できたらで置き換えるサイドバー(「Sidebar To Replace」:ここでは「メインサイドバー」)を選択して「公開」ボタンをクリックします。

続いて、「外観」-「ウィジェット」メニューで固定ページ用のサイドバーにウィジェットを追加します。

固定ページ用のサイドバーにウィジェットを追加

固定ページ用のサイドバーにウィジェットを追加

これで、固定ページにも独自のサイドバーが表示されるようになります。

固定ページ用のサイドバーが表示される

固定ページ用のサイドバーが表示される

この記事をSNSで共有する
WordPressでお困りのときはご相談を
この記事を書いた西沢直木が直接、WordPress個別サポートで対応します。
こんなときはご相談を
  • WordPressの使い方(ページやメニューの作り方を教えてほしい)
  • カスタマイズ(機能の追加やデザイン調整をお願いしたい)
  • トラブル対応(画面真っ白・「ログインできない」を解決したい)
マンツーマンなので相談内容は自由です。いただいた課題をその場で解決、CSSやPHPも目の前で修正します。気軽にご相談ください。
WordPress講座の問い合わせ先

関連記事

BizVektorのカスタマイズ

WordPressによるサイト作成のヒント

WordPressプラグイン

スポンサーリンク
西沢直木によるWordPress講座の紹介
ホームページ作成講座WordPress個別サポート